タグ:オオシオカラトンボ ( 7 ) タグの人気記事

2018/5/27(日)のフィールドワーク

現地の滞在時間:7:00~10:00
7時の気温:18℃
8時の気温:20℃
9時の気温:22℃
10時の気温:24℃
天候:晴
探索対象:アジアイトトンボ・アオモンイトトンボ・モノサシトンボ

定期観察している自宅近くのフィールドで、前回の訪問は5/25です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

アオモンイトトンボの状況は、以下の通りでした。

前回同様、多くの個体が観察できました。
前回観察できた異色型♀は、見つかりませんでした。
陽が差し、気温も高めという事もあり、活性が高かったです。

モノサシトンボの状況は以下の通りでした。

5/255/20に訪問時は見つからず、5/17以来の再会でした。
今回も観察できたポイントは、繁殖水域から離れた林床でした。
林床では、メスと未熟個体のオスが混在し、摂食行動をしていました。
オスは未熟個体なので、近くにメスがいても、興味を示しませんでした。

繁殖水域では、見つかりませんでした。
まだ、成熟個体がいないためか、まだ繁殖水域に戻ってきていないようです。
(メスの個体は、繁殖行動以外の時は、林床にいることが多いです。)

アジアイトトンボは、見つかりませんでした。
もう少しで、第二世代が羽化する時期です。
第一世代が多く観察できたエリアは、注意深く探索予定です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

アオモンイトトンボ♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_22154789.jpg

アオモンイトトンボ♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_22172707.jpg

アオモンイトトンボ♂型♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_22185329.jpg

アオモンイトトンボ♂型♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
他の個体より、青色が濃かったです。
f0376976_22203352.jpg

モノサシトンボ未熟個体♂
SONY α7Ⅲ
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
f0376976_22220460.jpg

モノサシトンボ未熟個体♂
SONY α7Ⅲ
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
f0376976_22230554.jpg

オオシオカラトンボ半成熟個体♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
成熟度が増すにつれて青白く体色変化していきます。
まだ僅かに、未熟時の黄色が残っていました。
f0376976_22264313.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

アジアイトトンボ・アオモンイトトンボをまとめた投稿内容は、コチラ
PHOTOHITOのアオモンイトトンボの写真一覧は、コチラ
PHOTOHITOのアオモンイトトンボ(黒化型)の写真一覧は、コチラ
アオモンイトトンボに関する参考文献は、コチラ

モノサシトンボをまとめた投稿内容は、コチラ
PHOTOHITOのモノサシトンボの写真一覧は、
コチラ

PHOTOHITOのオオシオカラトンボの写真一覧は、コチラ

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。


by ba-mf08 | 2018-05-30 22:45 | トンボ | Comments(0)

2017/8/12(土)のフィールドワーク

現地の滞在時間:8:00~11:30
到着時の気温:21℃(気象庁発表)
撤収時の気温:26℃(気象庁発表)
天候:曇
探索対象:キイトトンボ・アジアイトトンボ

定期観察しているフィールドのひとつで、前回の訪問は8/6

前回の探索を参考に、今回の「キイトトンボ」「アジアイトトンボ」と、その他の状況
★「キイトトンボ」は安定した個体数が観察できた。
 ⇒まだ、未熟個体も観察できた。
★「アジアイトトンボ」は観察できなかった。
★干上がりやすいエリアには、まだ水が残っていた。
 ⇒梅雨のときは降雨が少なかったが、最近は、度々、降雨があるようです。
★「ハラビロトンボ」は、ほぼ終息。
 ⇒オス・メスの各1頭ずつ確認。
★前回探索時と、状況の変化がほとんど無し。

キイトトンボ♂
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
成熟個体になると、翅胸部は緑色になり、腹部先端付近の背面側に黒条が出ます。
複眼を清掃中。
両前脚で、右複眼を撫でるように清掃していました。
f0376976_16420373.jpg

キイトトンボ♀
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
成熟個体になると、翅胸部は緑色になります。
メスは、腹部が黄色のタイプと、緑色のタイプの2種類の個体がいます。
この個体は、緑色が濃いタイプ。
夜の間に降った雨粒が、葉の上にたくさん残っていました。
f0376976_16450062.jpg

キイトトンボ未熟個体♂
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
成熟個体になると、翅胸部は緑色になり、腹部先端付近の背面側に黒条が出ます。
未熟個体なので、まだ翅胸部は緑色になっていません。
腹部先端の背面側の黒色も、成熟個体より薄い色です。
f0376976_16511170.jpg

キイトトンボ未熟個体♀
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
成熟個体になると、翅胸部は緑色になります。
未熟個体なので、まだ翅胸部は緑色になっていません。
f0376976_16545849.jpg

シオカラトンボ交尾態
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
近付く時に、警戒されて何度か飛ばれました。
重いためか、すぐに着地してくれました。
また飛ばれないように、細心の注意を払って撮影しました。
f0376976_17001941.jpg

オオシオカラトンボ♂
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
普通種ですが、色合いがキレイで好きなトンボです。
チャンスがあると、つい何枚も撮影してしまいます。
f0376976_17021080.jpg

ハラビロトンボ老熟個体♀
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
かなり色褪せていました。
本種の今年の活動は終息したようです。
f0376976_17094789.jpg


以下、トンボ探索中に、脇道に逸れて撮影した分。

ツノトンボ♂
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
種名に「トンボ」とありますが、カゲロウの仲間です。
トンボは、幼虫(ヤゴ)から直接、成虫が羽化します。(不完全変態)
本種は、幼虫→蛹→成虫という風に変態します。(完全変態)
カゲロウの仲間と思って不用意に近付いたら、しっかりと飛ばれてしまいました。
f0376976_17195181.jpg

ゴマダラチョウ
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
地味な色合いのチョウです。
外来種の「アカボシゴマダラ」が、2000年頃に人為的に放たれてしまったようです。
増殖し、関東地方でも多く見られるようになってしまいました。
何かしらの悪影響があるのでは無いかと、懸念されています。
f0376976_17424918.jpg


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「PHOTOHITO」のキイトトンボの写真一覧は、コチラ

「PHOTOHITO」のオオシオカラトンボの写真一覧は、コチラ

「PHOTOHITO」のシオカラトンボの写真一覧は、コチラ

「PHOTOHITO」のハラビロトンボの写真一覧は、コチラ


by ba-mf08 | 2017-08-14 17:43 | トンボ | Comments(0)

2017/7/1(土)の庭

庭に設置してある「なんちゃってビオトープ」から、連日「オオシオカラトンボ」が羽化しています。

昨晩は上陸個体はいませんでしたが、朝、フィールドへ行く前に見てみました。

また、羽化が完了して、今にも飛び立ちそうな「オオシオカラトンボ」がいました。

前回のような事が無いように、今回は望遠レンズで狙いました。

オオシオカラトンボ♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
未熟個体のオスは、メスと同じ体色です。
f0376976_12521807.jpg


今回は、飛び立たれずに撮影することができました。

羽化待機個体は、もういないと思われますが、今年は、10個体以上が羽化に成功しました。



赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「PHOTOHITO」のオオシオカラトンボの写真一覧は、コチラ

by ba-mf08 | 2017-07-01 13:12 | トンボ | Comments(0)

2017/6/29(木)の庭

朝、出勤前に、庭に設置してある「なんちゃってビオトープ」を見てみました。

すると、羽化が完了して、今にも飛び立ちそうな「オオシオカラトンボ」がいました。

せっかくなんで、そっと寄って撮影しようとしたら、空高く飛んでいきました。

・・・よくあることです。

ふと、羽化殻を見ると・・・

オオシオカラトンボ羽化殻
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0376976_20092104.jpg


以前の羽化殻の上に乗っかって羽化することも、よくあることです。



赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「PHOTOHITO」のオオシオカラトンボの写真一覧は、コチラ


by ba-mf08 | 2017-06-29 20:20 | トンボ | Comments(0)

2017/6/24(土)の庭

庭のフジ棚にやって来た「オオシオカラトンボ」・・・

「なんちゃってビオトープ」に、メスを呼び込んで、また産卵してくれるでしょう(^^)

オオシオカラトンボ♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
背景がオモシロイ感じになりました(^^)
背景の正体は・・・ヒラヒラと風になびいている、タオル系の洗濯物です。

f0376976_18560554.jpg

オオシオカラトンボ♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
背景は植木です。
開放絞りで大きくボカしました。
f0376976_18561042.jpg


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「PHOTOHITO」のオオシオカラトンボの写真一覧は、コチラ

by ba-mf08 | 2017-06-25 19:08 | トンボ | Comments(0)

2017/6/22(木)の庭

以前に紹介した、庭に設置してある「なんちゃってビオトープ」のその後。
(以前、投稿した内容は、コチラ

このビオトープには、毎年、オオシオカラトンボが産卵にやって来てくれています。
そろそろ、羽化が始まっても良い頃なので確認しました。

すでに、1個体が脱走して、ドクダミに羽化殻がありました。
ビオトープの水面近くを注視すると、頭部を水面上に出して、上陸のスタンバイ中でした。

寝る前に見たら、すでに「オオシオカラトンボ」のメスが羽化していました。
徹夜で観察する気力が無かったので、そのまま寝てしまい、翌朝に見たら、すでに羽化殻でした。

オオシオカラトンボ羽化殻
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
背景の左側のオレンジ色は、植木鉢です。
f0376976_20423081.jpg


以下、過去に「なんちゃってビオトープ」で羽化した「オオシオカラトンボ」

オオシオカラトンボ♀
SONY α7Ⅱ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

f0376976_20092431.jpg

オオシオカラトンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0376976_20093081.jpg


まだ、スタンバイしていた個体がいたので、気力があったら真面目に撮影してみます・・・



赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「PHOTOHITO」のオオシオカラトンボの写真一覧は、コチラ

by ba-mf08 | 2017-06-22 20:53 | トンボ | Comments(2)

2017/5/6(土)の庭

午前中は、業者が家に来るので動けず。

午後になったら、近場のフィールドへ出かけようと思いました。
業者が帰った後、道路の渋滞情報を確認。
早朝なら30分~45分で到着するフィールドが、確認すると約90分。
連休中のフィールドワークの疲労も溜まっていたので、ノンビリすることに。

時間があるので、庭に設置してある「なんちゃってビオトープ」の手入れをしました。
このビオトープには、毎年、オオシオカラトンボが産卵にやって来ます。
生息しているヤゴが動きやすくなるように、水草を適度に間引きしました。
大きさはバラバラですが、今年も順調に10頭くらい育っていました。

オオシオカラトンボ(ヤゴ)
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

STEP1で15枚フォーカスブラケットした写真を、Adobe Lightroom CCでRAW現像し、Adobe Photoshop CCで深度合成。
本当は、白バック背景で撮りたかったのですが、無かったので、植木鉢の水受けに薄く水を張って撮影しました。
f0376976_18522107.jpg


主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。



by ba-mf08 | 2017-05-06 18:59 | トンボ | Comments(0)