人気ブログランキング |

タグ:ウメ ( 4 ) タグの人気記事

2019/3/10(日)のスナップ

自宅近くの公園で、スナップ撮影をしてきました。

まずは、毎回訪問時に撮影するベンチへ向かいました。

SONY α7Ⅲ
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
f0376976_15170609.jpg

別のレンズでも撮影しました。

SONY α7Ⅲ
SONY Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA
f0376976_15303203.jpg

ベンチの対画面比率が、同じくらいの大きさになるように撮影しました。
レンズの画角や、絞り値が異なるので、背景の雰囲気が大きく変わりました。


次の被写体探しをしました。
梅園では、ウメが満開でした。
また、アブラナ(ナノハナ)も植栽されており、こちらも満開でした。
このエリアで、しばらく撮影をしました。

SONY α7Ⅲ
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
f0376976_15522983.jpg

SONY α7Ⅲ
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
f0376976_15523391.jpg

丸ボケがキレイに出るところを、探して撮影をしました。
元々、ウメを撮影する目的ではなかったので、マクロレンズは持参しませんでした。
50mmレンズの最大倍率です。


SONY α7Ⅲ
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
これくらいの被写体の大きさでしたら、50mmレンズでも十分です。
対画面比率を大きくしたいのなら、マクロレンズです。
f0376976_15524868.jpg


ブラブラと、お散歩しながらのスナップ撮影も、そろそろ撤収。
撤収しながら、最後の被写体探しをしました。
陽当りが良い場所で、スミレの仲間が咲いていました。

SONY α7Ⅲ
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
f0376976_18410638.jpg

別のレンズでも撮影をしました。

SONY α7Ⅲ
SONY Sonnar T* FE 35mm F2.8 ZA
f0376976_18411167.jpg

上の2枚の写真は、それぞれのレンズの最短距離で撮影しました。
ベンチの作例比較の写真よりも、背景の雰囲気が大きく変わりました。


ブログに投稿した写真は、写真共有サイトPHOTOHITOにも投稿しております。
(PCでの閲覧を、推奨しております。)

by ba-mf08 | 2019-03-10 22:45 | 植物 | Comments(0)

2019/1/3(木)のスナップ

毎年、年末年始は自宅近くの公園で、セミの羽化殻を探索しています。
(前回の探索は、1/41/2です。)
1/1・1/2・1/3の3日間探索しましたが、今回は全く見つからなかったです。
昨年は暴風雨が多く、羽化殻の多くが飛ばされてしまったのかもしれません。

3日間、何も撮影できなかったので、被写体を物色しながら、ブラブラしました。

SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
早咲きの種類のウメが開花していました。
f0376976_16473338.jpg

SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
f0376976_16481877.jpg

SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
林の中で、立派な樹木になっていました。
高いところから、花が垂れ下がっていました。
f0376976_16593464.jpg

SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
いつものお気に入りのベンチです。
f0376976_17032087.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

PHOTOHITOのウメの写真一覧は、コチラです。
PHOTOHITOのサザンカの写真一覧は、コチラです。
PHOTOHITOのツバキの写真一覧は、コチラです。
PHOTOHITOのベンチの写真一覧は、コチラです。

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2019-01-03 17:45 | 植物 | Comments(6)

2018/3/4(日)のフィールドワーク

現地の滞在時間:8:00~12:30
8時の気温:8℃
9時の気温:12℃
10時の気温:17℃
11時の気温:18℃
12時の気温:19℃
天候:晴
探索対象:ホソミイトトンボ
前回の訪問:2/25(定期観察中)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
今回の訪問までに、現地は暖かい日が多かったようです。
最高気温が、15℃くらいの日が4日、20℃くらいの日が1日あったようです。
11/19より、チャノキで観察できていたオスの個体は、ようやく飛んで行きました。

気温が15℃を越えた頃、飛翔する個体が、多く観察できるようになりました。
11/3観察時1/9の馴染みの虫友さんの観察時と似た状況が、確認できました。
目の届かないところで越冬期を過ごしていたと思いますが、こんなにも潜んでいたとは驚きです。
今回、観察できた個体数は、延べ8個体でした。
内訳は、越冬態が観察できたエリアで3個体、隣のエリアで4個体、住宅跡地で1個体でした。
飛翔する個体を、注意深く観察しましたが、摂食行動は観察できませんでした。

飛翔する個体の中で、すでに尾部先端が青くなったオスが1個体いました。
秋に、青色から茶色に体色変化中の個体は、観察したことがあります。
春に、茶色から青色に体色変化中の個体は、初めて観察しました。

多くの個体が飛翔する中、飛翔せずに枝に静止していたオスが1個体いました。
静止場所は、11/19から観察していたチャノキから5mくらい離れた場所でした。
この個体に近付くと、越冬期の時と同じように、枝の上を回転回避しました。
ただ、腹部を不規則に少し曲げる越冬期の静止態ではなく、普通の静止態でした。
11/19から観察していた個体も、同じ性別のオスでした。
活性の低さが似てるので、もしかしたら、同一個体かもしれません。

飛翔する個体がいる中で、まだ枝に静止する個体がいました。
体色変化中の個体がいる中で、まだ茶色の個体がいました。

今回は、様々な状況が確認できました。

ホソミイトトンボをまとめた内容は、コチラコチラです。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
以下、今回の訪問で撮影した分です。
ブログに投稿した写真は、PHOTOHITOにも投稿しております。
(PCでの閲覧を、推奨しております。)

ホソミイトトンボが活発に活動する前に、春の植物を撮影しました。

フキノトウ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_20195587.jpg

ウメ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_20261604.jpg

気温が高くなってきたので、ホソミイトトンボの探索を開始。
まずは、枝に静止した個体を撮影。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0376976_20313502.jpg

上の写真の個体を、レンズを変えて撮影しました。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO

f0376976_20361524.jpg

焦点距離が近いレンズですが、雰囲気が全く異なります。
解像度重視ならマクロレンズ、背景重視なら45mm/f1.2を選んでいます。

次に、飛翔する個体を追いかけました。
約半年振りに、飛んでいるトンボを見ていると、なんだか嬉しくなりました。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0376976_20384605.jpg

上の写真の個体を、レンズを変えて撮影しました。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO

f0376976_20481541.jpg

この個体は、すでに尾部先端が青くなっていました。
徐々に胸部も青くなり、鮮やかさを増していきます。

しばらく撮影していたら、樹木の方に移動し、中に潜り込んでしまいました。
消えていった中を、そぉ~っと探したら、枝に静止していました。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO

f0376976_20571200.jpg

尾部先端のピントは外してしまいましたが、雰囲気が気に入っています。

このエリアでは、オスの個体が多かったのですが、ようやくメスの個体を発見。

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO

f0376976_20594017.jpg

あまりキレイには撮影できませんでした。

by ba-mf08 | 2018-03-06 21:30 | トンボ | Comments(0)

2018/2/17(土)のお散歩スナップ

日々、最高気温が10℃を越えるようになりました。
ご近所の春の様子を、お散歩しながら見てきました。

ホトケノザが、たくさん出ていました。
ところが、なかなか花が咲いた個体が見つかりませんでした。

コンクリートの隙間から出てた個体で、一輪だけ咲いていました。

ホトケノザ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_14444563.jpg

やはりコンクリートは、熱が溜まりやすいので、真っ先に咲いたのでしょう。

陽当りの良い団地の花壇では、オオイヌノフグリがたくさん咲いていました。

オオイヌノフグリ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_14513757.jpg

マクロレンズを持参していないので、小さな花を大きく写せません。
金網フェンスを前ボケにして、アクセントとして使ってみました。

同じ団地に植えてあったウメも満開でした。

ウメ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_14543764.jpg

ウメとかサクラとかは、いつも構図に悩み、上手く撮れません。

ご近所では終盤を迎えたオトメツバキも、まだキレイに咲いていました。

オトメツバキ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_15030699.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)


by ba-mf08 | 2018-02-17 15:28 | 植物 | Comments(0)