2018/4/20(金)のフィールドワーク

現地の滞在時間:4:30~6:00
日の出時刻:5:03
5時の気温:12℃
6時の気温:13℃
天候:晴
探索対象:アジアイトトンボ・アオモンイトトンボ

定期観察している自宅近くのフィールドで、前回の訪問は4/15です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今回は、出社前に早朝探索をしました。

アジアイトトンボの状況は、以下の通りでした。

探索中は、トンボが潜んでいる水生植物に、太陽光が当たっていませんでした。
活動体温になっていなかったからか、飛翔している個体は、いませんでした。

なんとか見つけた個体は、まだ朝露を纏っていました。
近付くと、飛翔せずに葉の裏側に隠れました

3/31に訪問した時は、今回と同じ様な気温でした。
その時は、太陽光が良く当たっていたので、蓄温できて活性が高かったです。

アオモンイトトンボは、まだ見つかりませんでした。
最も早い観察は、2014/5/3でした。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

アジアイトトンボ未熟個体♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
f0376976_20215713.jpg

アジアイトトンボ未熟個体♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
f0376976_20223671.jpg

アジアイトトンボ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
f0376976_20230565.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

アジアイトトンボ・アオモンイトトンボをまとめた投稿内容は、コチラ
PHOTOHITOのアジアイトトンボの写真一覧は、コチラ
PHOTOHITOのアオモンイトトンボの写真一覧は、コチラ

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

# by ba-mf08 | 2018-04-20 20:30 | トンボ | Comments(2)

2018/4/15(日)のフィールドワーク

現地の滞在時間:10:00~13:00
10時の気温:19℃
11時の気温:19℃
12時の気温:19℃
13時の気温:19℃
天候:曇ときどき晴
探索対象:アジアイトトンボ・アオモンイトトンボ

定期観察している自宅近くのフィールドで、前回の訪問は4/8です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今回の訪問までの6日間の、現地の気温の状況は、以下の通りでした。
2日は20℃を下回りましたが、晴れた日が多く、17~25℃くらいだったようです。

アジアイトトンボの状況は、以下の通りでした。

前回同様、陽当りの良いエリアで、多数の個体が観察できました。
陽当りがあまり良くないエリアでは、まだ見つかりませんでした。

メスの個体は、未熟個体が多かったですが、成熟個体も観察できました。
今回も、未熟個体のメスが、交尾態になっていました。
日が陰ってしまうと、活性が鈍りました。

アオモンイトトンボは、陽当りの良いエリアでも、まだ見つかりませんでした。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

アジアイトトンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
腹部のクリーニング中です。
写真には捉えられませんでしたが、脚を使って付着したゴミなどを落とします。
f0376976_19433322.jpg

アジアイトトンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
上の写真と同一個体です。
すっかり成熟した個体です。
f0376976_19462824.jpg

アジアイトトンボ交尾態
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
メスの個体は、まだ未熟個体でしたが、交尾態になっていました。
f0376976_19502327.jpg

アジアイトトンボ♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
f0376976_19513162.jpg

アジアイトトンボ未熟個体♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
f0376976_19513775.jpg

毎回のように、アジアイトトンボが静止していた場所は、柵越しの抽水植物が繁茂した場所。
今回も寄って撮影できないので、300mm単焦点レンズ+専用テレコンバーターで撮影しました。
柵越しだと、なかなか真横から狙えない状況です。
いつもは、開放絞りで撮影することが多いです。
今回は、被写界深度を稼ぐため、絞り込んで撮影しました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

アジアイトトンボ・アオモンイトトンボをまとめた投稿内容は、コチラ
PHOTOHITOのアジアイトトンボの写真一覧は、コチラ
PHOTOHITOのアオモンイトトンボの写真一覧は、コチラ

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

# by ba-mf08 | 2018-04-15 20:30 | トンボ | Comments(0)