人気ブログランキング |

<   2018年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2018/2/25(日)のフィールドワーク

現地の滞在時間:8:30~12:00
到着時の気温:5℃(気象庁発表)
撤収時の気温:7℃(気象庁発表)
天候:曇
探索対象:ホソミイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は2/18です。

前回の探索を参考に、今回の探索結果と、その他の状況。
★今回、観察できた「ホソミイトトンボ」は、1個体。
★11/19より観察できているチャノキでは、オスの個体が健在。
・前回の訪問時と、状況変化はなかった。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今回の訪問までに、現地の最高気温は、2/20には10℃を越えたようです。
2/24には15℃くらいまで上がったようです。

さすがに今度こそ、11/19から観察できている個体は、移動したと思いました。
しかし、幸か不幸か、前回の訪問時と全く同じ状況でした。
飛翔移動できる体温に個体差があるとはいえ、少し心配になります。
連続して気温が15℃を越えるようになれば、飛んでいくでしょう。

現地の3/1の最高気温は16℃、翌日の3/2は13℃の予報となっています。
越冬場所からの移動は、もう間もなくでしょう。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

フキノトウ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8(光量比 左1:右1)
f0376976_21190117.jpg

前回の訪問時には、まだ出ていませんでした。


ホトケノザ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8(光量比 左1:右1)
f0376976_21255528.jpg

陽当りの良いこの場所では、ホトケノザの他、ヒメオドリコソウも咲いてました。
前回の訪問時は、まだ咲いていませんでした。


ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8(光量比 下1:右1)
f0376976_21264223.jpg

左側の葉がレンズに近い状態です。
2灯式のマクロストロボの配置を、下側と右側にセットしました。
開放絞りでの撮影ですが、マクロレンズのシャープ感は素晴らしいです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

by ba-mf08 | 2018-02-25 22:00 | トンボ | Comments(2)

2018/2/24(土)の鎌倉散策

妻が冬休みになったので、一緒に撮影に出かけました。

行き先は、鎌倉の長谷エリア。
鎌倉は、わりと頻繁に訪問する場所ですが、昨年は訪問しませんでした。
前回の訪問は、2016年2月でした。

まずは、高徳院へ向いました。
実は、この場所は訪問したことがありませんでした。
・・・なので、鎌倉大仏は初めてです。

まずは広角レンズで、正面から撮影。

鎌倉大仏
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
f0376976_21162445.jpg
今度は、寄って撮影。

鎌倉大仏
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
f0376976_21180254.jpg

今度は、やや側面から撮影。

鎌倉大仏
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
f0376976_21195783.jpg

今度は望遠レンズで、顔をアップで撮影。

鎌倉大仏
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_21210332.jpg

やや真横から撮影。

鎌倉大仏
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_21225285.jpg

鎌倉大仏は、実は中に入れます。
内部から真上を見上げて撮影。

鎌倉大仏
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8

f0376976_21235183.jpg

高徳院の鎌倉大仏の撮影を堪能したので、長谷寺へ向いました。
山門のウメが、見事に咲いていました。

ウメ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
f0376976_21340695.jpg

早咲きのサクラも咲いていました。
カワヅザクラかと思います。

サクラ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
f0376976_21370303.jpg

広角レンズでの、ウメ・サクラの撮影は難しいです。
結局、気に入った写真にはなりませんでした。

広角レンズでのサクラの構図を考えていたら、ヒヨドリがやって来ました。
機材を望遠レンズに変えて狙ってみました。

ヒヨドリ
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_21392312.jpg

大きな和傘があったので、撮影してみました。

和傘
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
f0376976_21440622.jpg

いつも、この構図で撮ってしまいます。

散策をしていると、ところどころにフクジュソウが咲いていました。

フクジュソウ
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_21505102.jpg

フクジュソウ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
f0376976_21515155.jpg

アジサイの植栽エリアに向かいました。
かなり高いところまで登るので、見晴らしが良いところです。

由比ヶ浜
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
f0376976_21554010.jpg

トビが偶然、写っていました。

望遠レンズでも撮影。

由比ヶ浜
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_21575120.jpg

広角レンズは、難しいです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)


by ba-mf08 | 2018-02-24 22:31 | 風景 | Comments(0)

2018/2/18(日)のフィールドワーク

現地の滞在時間:8:00~12:30
到着時の気温:0℃(気象庁発表)
撤収時の気温:7℃(気象庁発表)
天候:晴
探索対象:ホソミイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は2/12です。

前回の探索を参考に、今回の探索結果と、その他の状況。
★今回、観察できた「ホソミイトトンボ」は、1個体。
★11/19より観察できているチャノキでは、オスの個体が健在。
・前回の訪問時と、状況変化はなかった。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今回の訪問までに、現地の最高気温は、ほとんどの日で10℃を越えていたようです。
さらに、2/15の最高気温は、15℃くらいまで上昇したようです。

さすがに、11/19より観察できている個体は、どこかに飛んで行ったと思ってました。
ところが、全く移動した様子が無く、いつもと同じ場所にいました。

1/9の馴染みの虫友さんの観察の時は、15℃くらいの気温で複数個体が飛翔移動しました。
飛翔移動できる体温に個体差があるようで、現在に至っています。

飛翔移動すると想定できる日と、訪問できる日が、サラリーマンは合わすことが困難です。
(私が勤めてる会社は、気軽に有給休暇が取得できません。)
1/9の馴染みの虫友さんの観察記録は貴重です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の記録撮影分です。

コミミズク幼虫
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8(光量比 上1:下1)
f0376976_18505883.jpg

コミミズクと言っても猛禽類ではなく、体長10mmくらいのヨコバイ科の昆虫です。
深度合成撮影をして、ピントがバッチリ合った写真にしたかったです。
しかし、風で静止している枝がずっと揺れっぱなしで、深度合成撮影はできませんでした。

毎回、同じような写真ですが、ホソミイトトンボも、ちゃんと撮影しています。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_19030498.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_19033288.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_19035465.jpg

同じような3枚の写真ですが、太陽光の当たり具合で、体の向きを変えています。

以下、閲覧注意

ヤンマタケ(宿主ナツアカネ)
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_19144314.jpg

以前は、近くの枝にホソミイトトンボが静止していました。
枝にカメラが当たりそうだったので、あまり寄って撮影できませんでした。
今はもういないので、このレンズでできるだけ寄って撮影。
ゴチャゴチャした背景の枝がキレイにボケてくれました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

by ba-mf08 | 2018-02-18 19:53 | トンボ | Comments(0)

2018/2/17(土)のお散歩スナップ

日々、最高気温が10℃を越えるようになりました。
ご近所の春の様子を、お散歩しながら見てきました。

ホトケノザが、たくさん出ていました。
ところが、なかなか花が咲いた個体が見つかりませんでした。

コンクリートの隙間から出てた個体で、一輪だけ咲いていました。

ホトケノザ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_14444563.jpg

やはりコンクリートは、熱が溜まりやすいので、真っ先に咲いたのでしょう。

陽当りの良い団地の花壇では、オオイヌノフグリがたくさん咲いていました。

オオイヌノフグリ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_14513757.jpg

マクロレンズを持参していないので、小さな花を大きく写せません。
金網フェンスを前ボケにして、アクセントとして使ってみました。

同じ団地に植えてあったウメも満開でした。

ウメ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_14543764.jpg

ウメとかサクラとかは、いつも構図に悩み、上手く撮れません。

ご近所では終盤を迎えたオトメツバキも、まだキレイに咲いていました。

オトメツバキ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_15030699.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)


by ba-mf08 | 2018-02-17 15:28 | 植物 | Comments(0)

2018/2/12(月)のフィールドワーク

現地の滞在時間:8:00~12:30
到着時の気温:2℃(気象庁発表)
撤収時の気温:7℃(気象庁発表)
天候:晴
探索対象:ホソミイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は2/10です。

前回の探索を参考に、今回の探索結果と、その他の状況。
★今回、観察できた「ホソミイトトンボ」は、1個体。
★11/19より観察できているチャノキでは、オスの個体が健在。
・前回の訪問時と、状況変化はなかった。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

一昨日に訪問しているので、次回の訪問は、次の週末の予定でした。
前日の現地の最高気温は、15℃くらいまで上昇したようです。
11/19より観察できている個体が、移動してるか気になり、急遽、訪問しました。
結果、移動した様子は、全くありませんでした。

昨年は、2/17に「春一番」となり、2/25に訪問した時には、いなくなっていました。
越冬態を観察できるのも、あと、数回だと思います。
可能な限り、行ける時は、なるべく訪問したいと思います。
・・・とはいえ、車で片道約2時間なので、体調と相談しながらです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の記録撮影分です。
(毎度毎度、同じような写真で、スイマセン。)

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
太陽光が当たる前は、胸部側面を空に向けていました。
f0376976_17372649.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
太陽光が当たると、胸部背面を空に向けていました。
f0376976_17392448.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

by ba-mf08 | 2018-02-12 17:48 | トンボ | Comments(0)

2018/2/11(日)のネコ吉

本日は、天候も「晴」で、気温も上がるとの天気予報でした。
・・・ですが、意外と肌寒く感じました。

だからか、「ネコ吉」も、あまり出歩くこともなかったです。
おもに、寝床で寝てるか、ガスストーブの前で寝てるか・・・
結局、我が家では、寝てたわけですが・・・

ネコ吉
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_21581989.jpg

ガスストーブの前で、ひっくり返って寝てました。
しばらくして、寝返りをしました。

ネコ吉
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_22015444.jpg

撮影してる事に気付いたようで、薄目を開けて、コチラを見ていました。

ネコ吉
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_22040182.jpg

カメラから音が出ないモードで、望遠レンズで離れたところから撮影していました。
だからか、それほど気にならなかったみたいで、また、寝てしまいました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

「ネコ吉」とは・・・
2013年10月頃から、頻繁に訪れるオスの「さくらねこ」を、勝手に「ネコ吉」と呼んでいます。
「さくらねこ」とは、地域のボランティアによって避妊・去勢手術が済んだ「地域猫」です。
その証として、耳の一部をサクラの花びらの形にカットされています。
オスは右耳、メスは左耳がカットされています。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

PHOTOHITOのさくらねこ(ネコ吉含む)の写真一覧は、コチラです。

by ba-mf08 | 2018-02-11 22:34 | ネコ | Comments(0)

2018/2/10(土)のフィールドワーク

現地の滞在時間:8:00~12:00
到着時の気温:1℃(気象庁発表)
撤収時の気温:9℃(気象庁発表)
天候:晴ときどき曇
探索対象:ホソミイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は2/3です。

前回の探索を参考に、今回の探索結果と、その他の状況。
★今回、観察できた「ホソミイトトンボ」は、1個体。
★11/19より観察できているチャノキでは、オスの個体が健在。
・静止している場所は、ほとんど変わっていなかった。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今回の訪問でも、引き続き、観察ができました。
相変わらず、太陽光の当たり具合や、人間の気配で、枝の上を回転移動していました。

翌日の天気予報を調べたところ、最高気温は14℃まで達する予報です。
1/9の馴染みの虫友さんの観察の時のように、多少の移動の可能性があります。

今回は、他のエリアも探索してみましたが、発見には至りませんでした。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の記録撮影分です。

ホソミイトトンボを探索中、ニホンザルの群れがやって来ました。

ニホンザル
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
地面を掘って、竹の地下茎のようなものを食べていました。
f0376976_19043983.jpg

ニホンザル
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
次の食料を探すため、コチラに向かって歩いてきました。
f0376976_19102898.jpg

ニホンザル
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
子ザルが母ザルに甘えているようです。
f0376976_19183463.jpg

ニホンザル
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
美味しいのかわかりませんが、竹の樹皮を食べていました。
f0376976_19195286.jpg

ニホンザル
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
太陽の方を向いて、日光浴をしているようでした。
f0376976_19215940.jpg

毎回、同じような写真ですが、ホソミイトトンボも、ちゃんと撮影してます。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
背中側から撮影すると、茎と一体に見えるので、見落としそうになります。
f0376976_19260927.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
このレンズの、ほぼ最短距離で撮影。
少し絞りましたが、尾部先端にピントを合わせ切れませんでした。
f0376976_19370847.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

PHOTOHITOのニホンザルの写真一覧は、コチラです。

by ba-mf08 | 2018-02-10 23:33 | トンボ | Comments(0)

2018/2/3(土)のフィールドワーク

現地の滞在時間:8:00~13:00
到着時の気温:2℃(気象庁発表)
撤収時の気温:8℃(気象庁発表)
天候:晴ときどき曇
探索対象:ホソミイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は1/28です。

前回の探索を参考に、今回の探索結果と、その他の状況。
★今回、観察できた「ホソミイトトンボ」は、1個体。
★11/19より観察できているチャノキでは、オスの個体が健在。
★1/7より、樹木で観察できていたオスの個体は、いなくなっていた。
★1/28に地面に落下していて、樹木に移動させたオスの個体は、いなくなっていた。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

前回の探索時に観察できた3個体のうち、樹木の2個体がいなくなってました。

今回の訪問までに、また降雪がありました。
現地の気温を調べた所、今回の訪問までに、10℃を越える事は無かったようです。
前回の状況と同様、落下や小規模の移動以外は、考えにくい状況です。
地面や付近の枝を探索しましたが、見つかりませんでした。

前回の訪問時には、降雪の影響の倒木(竹を含む)が、たくさんありました。
地元の方が片付けてくれたようで、今回の訪問時には無くなっていました。
大小様々な倒木があったので、複数名で片付けてくれたと思います。
人が通過した時に樹木の枝に触れてしまい、やむを得ず、移動したことも考えられます。

越冬ポイントは、カラ類の混群が、度々、飛来して来ます。
ゴチャゴチャしたチャノキより、樹木の方が餌を探しやすいです。
2個体とも、同時に餌食になった可能性もあります。

移動した個体・新たな個体を、私が探し出せないだけかもしれません・・・

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の記録撮影分です。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
太陽光が当たる前は、明るい空に胸部側面を向けていました。
f0376976_20111838.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
太陽光が当たると、胸部背面を太陽に向けました。
f0376976_20132094.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8(光量比 下2:右1)
左のストロボと葉が近いので、左のストロボを下に移動。
葉の白飛びを最小限にしました。
f0376976_20271660.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8(光量比 下2:右1)
f5.6まで絞り込んでみました。
マクロレンズで絞り込むと、かなりシャープ感が出ます。
ISO感度を上げて、背景を明るくすれば良かったと、後で後悔・・・。
f0376976_20293680.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

by ba-mf08 | 2018-02-03 20:46 | トンボ | Comments(2)