人気ブログランキング |

カテゴリ:昆虫( 9 )

2018/12/22(土)のフィールドワーク

私が定期観察しているホソミイトトンボは、西日本が主な生息域のトンボです。
近年、関東地方にも生息範囲を広げてきました。
地球温暖化が起因しているとも言われていますが、それだけではないと思います。
生息環境の変化や、天敵の増減など、様々の要因があると思います。

群馬県在住の学生時代からの友人H君が、シカ探索中に度々、見かけていました。
友人H君が見た群馬県のエリアでは、2016年頃から見られるようになったそうです。

発生源とされている水域は、夏季には水生生物が繁茂しているようです。
過去には、2007年から何度か、水抜きをされた事もあるようです。
この水抜きは、ブラックバスの駆除によるものらしいです。
そのような状況もあり、子孫が残せるようになったのだと思います。

定期観察しているフィールドと異なる、群馬県のフィールドを視察してきました。
友人H君の情報を元に、これまでの経験を活かして、現地の越冬態を探索しました。

3時間、粘って探索しましたが見つからず・・・
群馬県で、本種を追っている方々の手助けになるかと思いましたが、甘かったです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art

f0376976_17474399.jpg


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

PHOTOHITOのセミの写真一覧は、コチラです。

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-12-22 18:00 | 昆虫 | Comments(0)

2018/11/8(木)の通勤スナップ

今週、二度目の通勤スナップをしました。
機材も、前回と同じものを使用しました。


ヤマトシジミ
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
活動できる体温まで上げるため、日光浴していました。
f0376976_21205806.jpg

落葉
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
f0376976_21214716.jpg

落葉
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
f0376976_21221924.jpg

落葉
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
f0376976_21222634.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

PHOTOHITOのヤマトシジミの写真一覧は、コチラです。

PHOTOHITOの落葉の写真一覧は、コチラです。

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-11-08 22:00 | 昆虫 | Comments(0)

2018/10/4(木)の自宅

いきなり、写真を貼ります。

おそらく、セスジスズメだと思います。
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
種名に誤りがありましたら、御指摘下さい。
→詳しい方から、コスズメと御指摘下さいました。
f0376976_20450972.jpg

この蛾、朝、出勤する7時の時には、すでにいました。
会社から帰宅したら、全く同じ場所にいました。
多くの蛾は夜行性なので、明日の朝にはいないと思います。

蛾の仲間は、個人的には苦手です。
どこかに飛んでいって欲しいと思い、かなり寄ってみました。
それでも全く逃げる様子はありませんでした。

せっかくなので、撮影してみることにしました。
マクロレンズでシッカリと撮影すると、気持ち悪く感じてしまいそうでした。
広角レンズで寄って、まわりの雰囲気も含めて撮影してみました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-10-04 21:15 | 昆虫 | Comments(3)

2018/7/27(金)の通勤スナップ

朝の通勤中に見つけました。

普通は、朝方には飛び立っていることが多いです。
昨晩は、気温が低くかったから、居残ってのかもしれません。

アブラゼミ
iPhone X
f0376976_22110803.jpg

こういう時、RAWで撮影できるコンパクトデジカメが欲しいと思う、今日このごろ・・・

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)


※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。


by ba-mf08 | 2018-07-27 22:20 | 昆虫 | Comments(0)

2018/1/4(木)のスナップ

昨日のフィールドワークでは、無理な体勢での撮影が多かったです。
さらに昨日は、帰宅後に筋トレをやり過ぎて、筋肉痛になってしまいました。
疲労回復のために、積極的に体操やストレッチ。
さらに体の代謝を上げるため、一昨日に訪れた自宅近くの公園を散歩。
せっかくなので、カメラを持参しました。

一昨日の時とは異なるレンズなので、性懲りも無く、また、セミの羽化殻を撮影。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_17335043.jpg

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
この写真は、一昨日も撮影した羽化殻。
f0376976_17433023.jpg

参考までに下の写真は、一昨日の撮影分。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
f0376976_16192643.jpg

疲労回復のための散歩なので、セミの羽化殻の撮影は切り上げました。

ブラブラと歩いてると、だいぶ太陽の光が傾いてきました。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
太陽の光が傾く前は、多くの方が利用していました。
f0376976_18060743.jpg

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_18070999.jpg

だいぶ、寒さを感じるようになったので帰宅の途へ。
帰宅してからも、体操とストレッチをしないと・・・

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


PHOTOHITOのセミの写真一覧は、コチラです。
PHOTOHITOのベンチの写真一覧は、コチラです。
PHOTOHITOの落葉の写真一覧は、コチラです。

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-01-04 18:15 | 昆虫 | Comments(0)

2018/1/2(火)のスナップ

昨日の撮影後、体調を崩したので早めに寝ました。
いつものトンボ探索では、寒くても動き回ってるので、寒くはないです。
昨日は、三脚をセットして、ほとんど動かなかったので、体が冷え切ったようです。
朝になったら、すっかり回復しました。

大事を取ってトンボ探索は断念。
代わりに、昨日の公園で撮影することにしました。
今回は三脚を持参せず、体が冷えないように動き回ることにしました。

今回の目的は、セミの羽化殻を見つけることです。
いつもは大晦日に、この公園でセミの羽化殻を撮影しています。
(2016年の大晦日の投稿内容は、コチラです。)
2017年の大晦日は「ネコ吉」の相手をしていたので、出かけられませんでした。

セミの羽化殻が、多く残っているポイントへ向かう途中、風景を撮影しました。

ベンチ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
ストレートにRAW現像しましたが、シャドーの階調は、ちゃんと残ってました。
f0376976_16140973.jpg

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
カモが、良いタイミングで通り過ぎてくれました。
f0376976_16153851.jpg

本命のセミの羽化殻探しへ向かいました。

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
このレンズの開放絞り・最短距離で撮影。
f0376976_16192643.jpg

OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
この写真も、開放絞り・最短距離で撮影。
f0376976_16233769.jpg

超広角レンズなので、背景のボケは期待できません。
奥行き感がある背景が求められますが、なかなか、そうは行きませんね。

とりあえずの目的は達成できました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


PHOTOHITOのセミの写真一覧は、コチラです。

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-01-02 16:30 | 昆虫 | Comments(0)

2017/3/20(月)のフィールドワーク

3日間、フィールドワークができる3日目。
ほぼ毎週、同じフィールドで「ホソミイトトンボ」を定期観察しています。
毎回、同じような観察結果をひとりで経験していて、なんだか嫌になってしまいました。
モチベーションの回復のため、近場の別のフィールドに行ってきました。

現地には、午前9:00頃に到着。
到着時の気温は、11℃(気象庁発表)。
風がやや吹いていましたが、雲がほとんどない快晴。
いつもより遅めの活動開始なんで、気温がすでに高くなっていました。
モチベーションの回復が最優先なので、のんびりと探索しました。

以下、撮影記録です。

ミヤマセセリ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

幼虫越冬種で、3月下旬から4月にだけ発生します。
東京では絶滅種に分類されてましたが、里山の手入れにより生息数が回復してきたようです。

ヒオドシチョウ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

成虫越冬種で、3月下旬から活動し、6月頃になると新個体が発生します。
チョウの知見が少ないので、初めは「キタテハ」と思ってました(汗)

テングチョウ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

成虫越冬種で、3月下旬から活動し、6月頃になると新個体が発生します。

キタテハ(表)  キタテハ(裏)
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

成虫越冬種で、3月下旬から活動し、年に複数回発生します。

キタキチョウ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

成虫越冬種で、年に複数回発生します。

ホトケノザ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

開放絞りで撮影しましたが、ピント面が中途半端になりました。
左側の空間を開けたので、一番左の花にピントを合わせました。

あまり何も考えずに撮影していたら、チョウばかりを撮影していました。
例年、同じ事をしてます・・・

今回は、12:00頃に撤収しました。
撤収時の気温は、15℃(気象庁発表)。

来週は、どうしようか・・・


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

by ba-mf08 | 2017-03-20 15:00 | 昆虫 | Comments(0)

2017/1/8(日)のフィールドワーク

定期観察している「ホソミイトトンボ」の様子を確認するために、いつものフィールドに行ってきました。

2016/12/4の観察を最後に、プッツリと姿を消してしまいました。
同じ成虫越冬種である有名な「ホソミオツネントンボ」と違い、「ホソミイトトンボ」」の越冬については、あまり知られていません。
完全に越冬モードになっているので、かなり見つけるのが困難な状況です。

現地には午前9時頃に到着。
到着時の気温は4℃で湿度は86%(気象庁発表)。
天候は曇り。
ちなみに、フィールドを撤収する前後の正午の気温は7℃で湿度は70%(気象庁発表)。

今回は、最後に見たポイントを中心に探しました。
(繁殖水域に隣接する山を上がったポイントと繁殖水域近くのアシ原)
前回最後に見た時は、陽射しがあったこともあり、広く見渡しての捜索でした。
今回は、太陽が出ていたら日向になるポイントを、目を凝らして捜索しました。

まずは、繁殖水域に隣接する山を上がったポイントを捜索。
1時間捜索したが、見つからず・・・


ココに来る度に出会える、カビに侵されたカミキリムシのその後の様子を観察。

カミキリムシ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8(光量比 左1:右下8)
前回はクリップオンストロボを使用して撮影しましたが、今回はマクロ撮影用ストロボを使用。
今までよりも、まんべんなく光が回っていて満足の仕上がり。


次は、繁殖水域近くのアシ原を捜索。
ココは少し広いので2時間捜索したが、またしても見つからず・・・


その代わり、別なものを発見。

モズのはやにえ(カエル)
モズのはやにえ(ドジョウ)
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
だいぶ干からびているが、本当にあとで食べるんだろうか・・・

ホンドカヤネズミの巣
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
鳥の巣かと思い、入り口から指を入れて確認したが、卵の殻は見当たらず・・・
おそらくは「カヤネズミ」の巣と思われます。
今回は、2球発見しました。
カヤネズミは、日本で最小のネズミで、絶滅が心配されています。
イネ科の葉を利用して球状の巣を作ります。
巣の入口の大きさは、直径で500玉硬化くらいでした。
バッタやイナゴなど昆虫や、イネ科植物の種子を食べます。
近年の調査では、イネの種子はほとんど食べないことがわかったようです。


結局、3時間の捜索で、「ホソミイトトンボ」の越冬態は見つからず・・・
帰る途中に、地衣類がたくさん生えているポイントがありました。
この地衣類に擬態している昆虫がいるので、探すと・・・

コマダラウスバカゲロウの幼虫
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8(光量比 左1:右1)
STEP1で15枚フォーカスブラケットした写真を、Adobe Lightroom CCでRAW現像し、Adobe Photoshop CCで深度合成。
いわゆる「アリジゴク」なんですが、本種は砂地にすり鉢状の巣は作らず、地衣類を体に付けて擬態して、餌の獲物の待ち続けます。


本命の「ホソミイトトンボ」の越冬態の発見は、いつになるやら・・・


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。






by ba-mf08 | 2017-01-08 21:11 | 昆虫 | Comments(0)

2016/12/10(土)のフィールドワーク②

定期観察している「ホソミイトトンボ」は観察できなかったので、出会えた別の昆虫を撮影しました。

陽当りの良いポイントには、盛んに翅を広げて日光浴をするチョウがいました。
ムラサキシジミ①
ムラサキシジミ②
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
ムラサキツバメも、ついつい探してしまいました(汗)

草むらをガサガサしながら歩いていると・・・
ツチイナゴ
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
草むらに分け入ると驚いて飛び出てくるのですが、着地地点をよく見ておかないと、気付かずにまた飛ばれてしまいます。
成虫越冬種で、周りの環境に紛れるため体色は褐色です。幼虫は緑色ですが、稀に褐色型もいるそうです。

湿度が保たれていそうな樹木の幹には・・・
冬虫夏草・・・?
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
ストロボ使用
「冬虫夏草」発見!!・・・って思ったんですが、よく見ると、子実体が無いので、おそらくはカビなどの「菌」に侵されたと思います。
厳密には「冬虫夏草」もキノコの一種なので、「菌」です。


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


by ba-mf08 | 2016-12-10 23:15 | 昆虫 | Comments(0)