カテゴリ:トンボ( 213 )

2018/12/8(土)のフィールドワーク

現地の滞在時間:8:00~13:00
8時の気温:9℃
9時の気温:10℃
10時の気温:11℃
11時の気温:11℃
12時の気温:12℃
12時の気温:12℃
天候:曇ときどき晴
探索対象:ホソミイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は12/1です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今回の訪問までの6日間の現地の最高/最低気温は、以下の通りでした。
12/2 12℃/9℃
12/3 16℃/9℃
12/4 23℃/12℃
12/5 21℃/17℃
12/6 11℃/9℃
12/7 18℃/11℃

ホソミイトトンボ越冬型の状況は、以下の通りでした。

静止態は、越冬期に見られる、腹部を少し折り曲げて、枝や茎に張り付く静止態でした。
気温が高くならなかった事もあり、飛翔する事はありませんでした。
正午頃になっても、樹上から下りて来る個体はいませんでした。
各々の場所で、ようやく越冬体勢になったようです。

12/12(水)は、気温が15℃を越える予報です。
次の訪問までに、今回観察できた静止態の個体は、移動しているかもしれません。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
葉と葉の間から狙いました。
前ボケが大きすぎて、葉が被ってしまいました。
全体的に何となく、緑色っぽい雰囲気になりました。
f0376976_21441076.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
前の写真と同じ個体です。
この角度からだと、発見が困難です。
f0376976_21473019.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
発見時は、この角度で静止していました。
我ながら、よく見つけたと感心しました。
f0376976_21540803.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
前の写真と同じ個体です。
太陽の方角に、体の側面を向けたところです。
f0376976_21594681.jpg

ニホンスイセン
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
花がたくさん咲いていて見頃でした。
f0376976_22001189.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

PHOTOHITOのスイセンの写真一覧は、コチラです。

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-12-08 22:15 | トンボ | Comments(0)

2018/12/1(土)のフィールドワーク

現地の滞在時間:8:00~12:00
8時の気温:8℃
9時の気温:10℃
10時の気温:13℃
11時の気温:15℃
12時の気温:18℃
天候:晴
探索対象:ホソミイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は11/23です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今回の訪問までの7日間の現地の最高/最低気温は、以下の通りでした。
11/24 14℃/9℃
11/25 15℃/7℃
11/26 17℃/9℃
11/27 18℃/11℃
11/28 18℃/11℃
11/29 16℃/12℃
11/30 16℃/10℃

今回は、馴染みの虫友さんと探索しました。
(この日の馴染みの虫友さんの投稿内容は、コチラです。)

ホソミイトトンボ越冬型の状況は、以下の通りでした。

越冬期に見られる、枝に張り付くような静止態が、ようやく確認できました。
(昨年は11/19から、このような静止態が見られるようになりました。)
気温が15℃近くになった10時半頃に、飛び始めました。
まだ越冬体勢という訳では、なさそうです。

樹上の高い所を、飛んでいる事が多かったです。
地表面近くよりも樹上の方が、まだ葉も多くあり、暖かいようです。

虫友Iさんも同じ時間帯に、別のフィールドで本種を観察中でした。
数個体が、陽当たりの良い地表面近くを、飛翔していたのを確認したそうです。
同じ都道府県でも、探索エリアの環境の違いによって、異なった結果が出ました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
腹部を不規則に少し折り曲げて、へばり付くように静止しています。
このような静止態は、越冬期によく見られます。
f0376976_20065903.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
f0376976_20121223.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
f0376976_20134466.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
気温が高くなると、へばり付くような静止態は解除します。
f0376976_20154485.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-12-01 23:00 | トンボ | Comments(0)

2018/11/24(土)のフィールドワーク

現地の滞在時間:10:00~14:00
10時の気温:9℃
11時の気温:10℃
12時の気温:11℃
13時の気温:12℃
14時の気温:11℃
天候:晴のち曇
探索対象:トンボ全般

ときどき訪問するフィールドで、前回の訪問は10/13です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今回は、何となくブラブラしてきました。
まぁ、トンボに出会えれば良いなぁ~くらいでした。

現地に到着すると、地表の落葉の上で日光浴をするアキアカネが、たくさんいました。
陽が高くなってくると、飛び回るようになってきました。
交尾・産卵行動は、1ペアのみ見つかりました。
他のアカネ属のトンボも探してみましたが、見つかりませんでした。

正午頃になると、少し曇ってきて、肌寒さを感じました。
アキアカネも、ほとんど飛び立たなくなりました。

前回、気になっていたオオアオイトトンボは、今回も見つかりませんでした。
生息していても、個体数が少ないのかもしれません。
また、時期的にも遅かったのかもしれません。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

アキアカネ♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
この時期になると、地表面からの輻射熱を利用するため、陽だまりでベタッと静止します。
f0376976_14285804.jpg

アキアカネ♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
f0376976_14301270.jpg

アキアカネ♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
気温の上昇とともに、様々な場所で静止するようになりました。
f0376976_14360101.jpg

アキアカネ♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
意外と寄らせてくれる個体でした。
対画面比率が大きくなったので、f8.0まで絞り込みました。
f0376976_14434327.jpg

アキアカネ♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
f0376976_14472501.jpg

アキアカネ♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
f0376976_14510063.jpg

アキアカネ♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
陽が陰ってくると、活性が低くなりました。
顔を真正面から狙っても、逃げられませんでした。
・・・とは言え、もっと大写しにしようとしたら、飛ばれました。
f0376976_14511900.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


PHOTOHITOのアキアカネの写真一覧は、コチラです。

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-11-25 15:15 | トンボ | Comments(0)

2018/11/23(金)のフィールドワーク

現地の滞在時間:8:00~13:00
8時の気温:8℃
9時の気温:10℃
10時の気温:12℃
11時の気温:13℃
12時の気温:14℃
13時の気温:15℃
天候:晴
探索対象:ホソミイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は11/17です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

今回の訪問までの5日間の現地の最高/最低気温は、以下の通りでした。
11/18 18℃/12℃
11/19 16℃/13℃
11/20 15℃/11℃
11/21 17℃/8℃
11/22 14℃/9℃

ホソミイトトンボ越冬型の状況は、以下の通りでした。

まだ、越冬体勢になった個体は、見つかりませんでした。
11時半過ぎに、ようやく初めの個体が樹上から下りて来ました。
しかし、見つかった個体数は、2頭のみでした。

樹上から下りて来る時刻が遅く、下りて来る個体数が減りました。
越冬体勢になっている個体が、すでにいるかもしれません。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
樹上から下りて来ましたが、枝の内側の方に行ってしまいました。
f0376976_22232768.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
前の写真と同じ個体です。
少し見やすい場所に出て来てくれました。
f0376976_22240557.jpg

ウラギンシジミ♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
日光浴をして体温が上がると、活発に飛び回っていました。
f0376976_22261694.jpg

ムラサキシジミ
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
日光浴をして体温が上がると、活発に飛び回っていました。
f0376976_22283564.jpg

ニホンスイセン
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
一輪だけ咲いていました。
たくさんツボミがあったので、もうじき、たくさん咲くと思います。
f0376976_22291673.jpg

ニホンザル
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
周りに他のサルは、いませんでした。
群れから離れたオスザルだと思います。
f0376976_22333950.jpg

ニホンザル
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
前の写真と同じ個体です。
前の写真もですが、70mmマクロレンズで、よく撮れたなと、我ながら感心しました。
f0376976_22334644.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

PHOTOHITOのウラギンシジミの写真一覧は、コチラです。
PHOTOHITOのムラサキシジミの写真一覧は、コチラです。

PHOTOHITOのニホンザルの写真一覧は、コチラです。

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-11-23 23:00 | トンボ | Comments(0)

2018/11/17(土)のフィールドワーク

現地の滞在時間:8:00~13:00
8時の気温:11℃
9時の気温:14℃
10時の気温:17℃
11時の気温:18℃
12時の気温:19℃
13時の気温:20℃
天候:晴
探索対象:ホソミイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は11/10です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ホソミイトトンボ越冬型の状況は、以下の通りでした。

観察できた個体数は、前回訪問時と同じくらいでした。
今回の探索エリアでは、何故か、メスが多い傾向です。

前回訪問時と違い、休息場の樹上から、下りて来る時刻が遅くなりました。
最初の個体は、9時過ぎに下りて来ましたが、後が続きませんでした。
まとまった個体数が下りて来たのは、11時頃でした。

前回は、すぐに体温が上がったからか、活発に摂食行動をしていました。
今回は、枝や葉の上で、日光浴をしている事が多かったです。
日光浴をしながら、時々、摂食行動をしていました。

12時を過ぎると、徐々に、樹上に戻る個体が増え始めました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

オオアオイトトンボ♀
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
フィールドに到着して、最初に出会ったトンボです。
本種がいた場所は、本来の生息環境ではありません。
近隣の生息地から、飛来して来たのだと思います。
撮影時は、まだ、太陽光が当たる前の状態です。
活動できる体温に達していないので、かなり寄っても逃げられませんでした。
寄っても逃げられなかったので、フルサイズ機+マクロレンズで撮影しました。
f0376976_21150659.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
茂みに潜り込んでいた個体です。
望遠レンズでは、葉が被り過ぎて、トンボの姿を捉えられませんでした。
葉と葉の間にレンズを突っ込んで、フルサイズ機+マクロレンズで撮影しました。
f0376976_21181062.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
抜けた背景の所に静止してくれました。
逆光での撮影なので、ストロボを弱く当ててます。
f0376976_21233361.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
葉の上で、日光浴をしていました。
f0376976_21291071.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
前の写真と似たような写真ですが、別個体です。
この個体も、葉の上で日光浴をしていました。
f0376976_21304835.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
この個体も、葉の上で日光浴をしていました。
f0376976_21325791.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
この個体は、地表近くの葉の上で日光浴をしていました。
f0376976_21520114.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

PHOTOHITOのオオアオイトトンボの写真一覧は、コチラです。

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-11-17 22:15 | トンボ | Comments(0)

2018/11/10(土)のフィールドワーク

現地の滞在時間:8:00~12:00
8時の気温:16℃
9時の気温:17℃
10時の気温:20℃
11時の気温:22℃
12時の気温:23℃
天候:晴
探索対象:ホソミイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は11/3です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ホソミイトトンボ越冬型の状況は、以下の通りでした。

個体数は、前回訪問時と同じくらいでした。
越冬期に見られる、枝に張り付くような静止態は、まだ確認できませんでした。
前回訪問時に、青色を少し残す個体がいましたが、今回はいませんでした。

9時前には飛翔し始め、盛んに摂食行動をしていました。
11時を過ぎると、まだ暖かかったのですが、樹上に戻り始めました。
食欲が満たされると樹上に戻るという事が、あるのかもしれません。
(摂食行動を開始してから2~3時間後)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
太陽光が当たる前の状態です。
まだ活動できる体温に達していないので、近付くと枝の裏側に回転回避しました。
f0376976_20132259.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
f0376976_20221865.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
f0376976_20310782.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
f0376976_20320993.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
f0376976_20405153.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
f0376976_20463052.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
f0376976_20471434.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
f0376976_20482051.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
f0376976_20484300.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
f0376976_20491941.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-11-13 21:15 | トンボ | Comments(0)

2018/11/3(土)のフィールドワーク

現地の滞在時間:9:00~13:00
9時の気温:14℃
10時の気温:16℃
11時の気温:17℃
12時の気温:19℃
13時の気温:18℃
天候:晴ときどき曇
探索対象:ホソミイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は10/27です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ホソミイトトンボ越冬型の状況は、以下の通りでした。

到着時は、フィールドに太陽光が、まだ差し込んでいませんでした。
越冬期に見られる、枝に張り付くような静止態には、まだなっていなかったです。

太陽光がトンボに当たり始めると、枝の上で動き始めました。
晴れた日で、気温が15℃(気象庁発表)を越えると、飛翔するようです。
昨年の秋今年の春の観察結果を、参考にしています。)
今回の訪問では、9時半過ぎに15℃を越え、飛翔し始めました。

わずかに青色を残す個体もいましたが、ほとんどの個体は茶色でした。

周囲に散らばった個体がいたためか、今回は個体数が少なかったです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
広角レンズで100枚ほど撮影した中で、納得の1枚です。
背景をボカす事は簡単でも、背景を残す事は難しいです。
ボツ写真は、どれも背景描写に納得のいかない写真でした。
広角レンズで撮影すると、秘匿している生息地が知られてしまう可能性があります。
今後は広角レンズでの撮影は、控えたいと思います。
f0376976_00532899.jpg

キツネノマゴ
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
約5mmくらい(だったと思う)の花が、たくさん咲いていました。
かなり小さな花でしたので、少し絞り込みました。
f0376976_20425123.jpg

オオアオイトトンボ♀
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
この観察ポイントは、本種の生息環境ではありません。
近隣の生息地から、飛来してきたのだと思います。
f0376976_00442743.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
太陽光が当たる前の状態です。
越冬期に見られる、枝に張り付くような静止態には、まだなっていなかったです。
f0376976_08490873.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
太陽光が当たるようになると、活性が高くなり、飛び回るようになりました。
f0376976_08534247.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_08565458.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_08591347.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
まだ、少し青色が残っている個体でした。
f0376976_09012227.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_09034507.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
前の写真と同じ場所で、フルサイズ機で撮影しました。
静止している枝は異なりますが、背景が大きくボケてくれました。
f0376976_09051755.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
f0376976_09090418.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

PHOTOHITOのオオアオイトトンボの写真一覧は、コチラ

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-11-04 09:30 | トンボ | Comments(0)

2018/10/27(土)のフィールドワーク

現地の滞在時間:9:00~13:00
9時の気温:16℃
10時の気温:19℃
11時の気温:22℃
12時の気温:22℃
13時の気温:23℃
天候:曇ときどき晴
探索対象:ホソミイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は10/20です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ホソミイトトンボ越冬型の状況は、以下の通りでした。

越冬エリアでは、多くの個体が見つかりました。
太陽光が差し始めた9時30分頃に、最初の個体が樹上から下りて来ました。
晴れたり曇ったりで、前回のように次々と下りて来ることはなかったです。
晴れて太陽光が差すと、徐々に下りて来ました。
正午を過ぎた頃、樹上に戻り始めた個体がいました。

前回よりも、茶色に体色変化した個体が増えてきました。
青色と茶色の割合的には、半々の割合だったと思います。

前回、多くの個体が見られた沢に近いエリアでは、今回は少なかったです。
逆に前回、あまり見られなかった隣のエリアでは、今回は多かったです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_20361328.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_20395880.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_20421159.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_20431148.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_20435781.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
f0376976_20450251.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
f0376976_20461073.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
f0376976_20473053.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
f0376976_20482196.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-10-27 21:15 | トンボ | Comments(2)

2018/10/20(土)のフィールドワーク

現地の滞在時間:9:00~14:00
9時の気温:17℃
10時の気温:19℃
11時の気温:21℃
12時の気温:21℃
13時の気温:22℃
14時の気温:21℃
天候:曇のち晴
探索対象:ホソミイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は10/14です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ホソミイトトンボ越冬型の状況は、以下の通りでした。

越冬エリアへの移動が、ほぼ完了してると思います。
今回は繁殖水域には寄らずに、越冬エリアのみを探索しました。

越冬エリアでは、多くの個体が見つかりました。
太陽光が差し始めた10時頃になると、樹上から次々と下りて来ました。
正午を過ぎると、樹上に徐々に戻って行きました。
ただ、全ての個体が樹上に戻った訳ではなく、数個体は残っていました。

この時期(10・11月)は、樹上の高い所にいることが多いようです。
(越冬型の越冬期間の活動の詳しい内容は、コチラです。)

行動パターンとしては、摂食行動か日光浴をしていました。
頻繁に摂食行動をしているので、動くものには敏感に反応します。
コチラの気配も察知し、逃げられる事が多かったです。
日光浴の際、葉の表面にベタッと静止し、葉の輻射熱を利用してるようです。

茶色に体色変化した個体が増えてきました。
しかし、まだ青色の個体の方が多かったです。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
日光浴中の茶色の個体です。
葉の表面にベタッと静止し、葉の輻射熱を利用してるようです。
f0376976_20513744.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
細い枝に静止中の青色の個体です。
f0376976_21231960.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
細い枝に静止中の青色の個体です。
胸部が、少し茶色くなり始めています。
f0376976_21273846.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
細い枝に静止中の青色の個体です。
胸部が、少し茶色くなり始めています。
f0376976_21293287.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
枯れた葉に静止中の青色の個体です。
f0376976_22125366.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
ツル植物の茎に静止中の青色の個体です。
f0376976_22152113.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
ツル植物の茎に静止中の青色の個体です。
f0376976_22165897.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
細い枝に静止中の茶色の個体です。
尾部先端部に、まだ青色が少し残っています。
f0376976_22202556.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

日光浴中の青色の個体です。
葉の表面にベタッと静止し、葉の輻射熱を利用してるようです。
f0376976_22261964.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

竹の葉に静止中の茶色の個体です。
尾部先端部に、まだ青色が少し残っています。
今回の撮影分で、最も気に入った写真です。
f0376976_22263508.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
細い枝に静止中の茶色の個体です。
ゴチャゴチャした枝の間から狙いました。
f0376976_22300060.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
地面近くの葉に静止中の茶色の個体です。
尾部先端部に、まだ青色が少し残っています。
f0376976_22332031.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-10-23 21:00 | トンボ | Comments(0)

2018/10/14(日)のフィールドワーク

現地の滞在時間:9:00~12:30
9時の気温:16℃
10時の気温:17℃
11時の気温:17℃
12時の気温:19℃
天候:曇ときどき雨または晴
探索対象:ホソミイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は10/7です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ホソミイトトンボ越冬型の状況は、以下の通りでした。

繁殖水域・林縁部・沢沿いの林道では、見つかりませんでした。

越冬エリアで、3頭見つかりました。
今回見つかった個体は全て、複眼も体色も完全に茶色に変色していました。
青色の個体は、見つかりませんでした。

ときどき差し込んだ太陽光に当たると、活発に飛び回っていました。
越冬期に見られる、枝に張り付くような静止態は見られませんでした。

不用意に近付くと、飛んで逃げました。
越冬期では、静止している枝や茎の上で回転回避します。

朝晩が冷え込むようになると、樹上の高いところで休息するようになります。
陽射しを受けて体温が上がると、エサを求めて下に降りてきます。
(越冬型の越冬期間の活動の詳しい内容は、コチラです。)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
奥まった枝に静止している事が多いので、なかなか真横から狙えません。
f0376976_22422052.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
上の写真と同じ個体です。
微妙の静止位置が変わってしまったので、やや上から撮影しました。
f0376976_22452597.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
抜けた背景の場所に静止してくれました。
ただ、暗い背景でした・・・
f0376976_22480200.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
抜けた背景の場所に静止してくれました。
唯一、明るい背景で撮影できたカットでした。
f0376976_22515510.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-10-16 23:00 | トンボ | Comments(0)