2017年 02月 12日 ( 1 )

2017/2/12(日)のフィールドワーク

定期観察している「ホソミイトトンボ」の様子を確認するために、いつものフィールドに行ってきました。
現在このフィールドで、前回までに観察できた越冬態個体は、♂×1頭、♀×2頭になりました。
ホソミイトトンボの越冬態を探す観察眼が、少しは養われてきた感じになってきました。
今回も馴染みの虫友さんと一緒に、新たな気持ちで、新個体の捜索に臨みました。
(この日の虫友さんの観察記録のブログの投稿内容は、コチラ

現地には午前7:00頃に到着。
到着時の気温は、マイナス2℃(気象庁発表)。
風はややあるものの、心地よい快晴。


まずは、今季始めて観察できた「第1ポイント」へ向かいました。
1/28から観察できなくなりましたが、もしかしたら付近に戻ってきているかもしれません。
・・・丹念に捜索しましたが、やはり見つかりませんでした。
ココのポイントは、太陽光が良く当たる暖かい場所なんで、他の個体がいたとしても、すぐ飛んでいってしまうのかもしれません。


今季2個体目を観察できた「第2ポイント」は、まだ森の間伐の最中で観察できそうにないので、今回は捜索を見送りました。


今季3個体目を観察できた「第3ポイント」へ向かいました。
コチラは、いまだに健在。
相変わらず、枝に張り付くように静止し、見つけにくいです。

ホソミイトトンボ♂越冬態
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(
焦点距離25mm)
竹林の雰囲気を出すために25mmの焦点距離を選びました。
毎回、代わり映えしない写真です。


しばらく「第3ポイント」付近で、新たな個体を捜索しました。
・・・やはり見つかりませんでした。
中々、手強い相手です・・・


前回の捜索で観察できた「第4ポイント」へ向かいました。
コチラも健在でした。

ホソミイトトンボ♀越冬態
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(
焦点距離25mm)

ホソミイトトンボ♀越冬態
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(
焦点距離40mm)

ホソミイトトンボ♀越冬態
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

ホソミイトトンボ♀越冬態
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO(焦点距離 150mm)

コチラも毎回、代わり映えしないので、いろいろな焦点距離で背景描写を変えて撮影しました。


前回の捜索で観察できた「第5ポイント」へ向かいました。
・・・いません(汗)
付近を捜索しましたが、見つかりませんでした。
ココのポイントは、竹林の中ではあるのですが、木漏れ日が良く当たり、風の通りもある場所。
体温が温まり飛んでいってしまったのか、風を嫌って移動したのか、野鳥に食べられたのか・・・


しばらく「第4ポイント」「第5ポイント」付近で、新たな個体を捜索しました。
・・・やはり見つかりませんでした。
ホソミイトトンボの越冬態を探す養われた観察眼は、どこに行ったのか・・・(泣)


コレで、このフィールドで現在、観察できる越冬態個体は、♂♀×各1頭になってしまいました。
今回は、12:00頃に撤収しました。



赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

「PHOTOHITO」のホソミイトトンボの写真一覧は、コチラ
「PHOTOHITO」の夏型の写真一覧は、コチラ
「PHOTOHITO」の越冬型の写真一覧は、コチラ

by ba-mf08 | 2017-02-12 13:59 | トンボ | Comments(0)