人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2019/8/4(日)のフィールドワーク

探索時間:7:00~12:00
7時の気温:28℃
8時の気温:29℃
9時の気温:30℃
10時の気温:32℃
11時の気温:33℃
12時の気温:33℃
探索中の天候:晴
探索中の潮汐:満潮(6:33)→干潮(13:21)
探索対象:ヒヌマイトトンボ・アジアイトトンボ・アオモンイトトンボ
前回の探索:7/27(定期観察中)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
今回の探索までの現地の最高気温/最低気温
7/28 32℃/25℃
7/29 34℃/25℃
7/30 34℃/26℃
7/31 35℃/27℃
8/01 35℃/26℃
8/02 35℃/27℃
8/03 34℃/26℃
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
ヒヌマイトトンボの状況は、以下の通りでした。

見つかった個体数は少なく、♂×1頭と未成熟個体♀×1頭のみでした。
暑さが厳しい盛夏は、生息域のヨシ原から、出てくる事が少ないようです。

アジアイトトンボの状況は、以下の通りでした。

前回まで、多くの個体が見つかっていた河川敷で、今回も見つかりました。
ただ、下草が茂った河川敷の水溜りは、干上がっていました。
水が干上がる前に羽化した、テネラル・未成熟個体が、多く見つかりました。

アオモンイトトンボの状況は、以下の通りでした。

河川敷の水溜り跡で、アジアイトトンボと混在していました。
状況は、アジアイトトンボと同じ状況でした。

ヒヌマイトトンボをまとめた内容は、コチラです。
アジアイトトンボ・アオモンイトトンボをまとめた内容は、コチラです。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
以下、今回の探索で撮影した分です。

ヒヌマイトトンボ♂ 「PHOTOHITOリンク
今回の探索で、唯一のオスの個体でした。
さらに、この写真の1枚を撮影後、ロスト・・・
常日頃から、丁寧に撮影する事を心掛けており、とりあえず見れる写真で良かったです。
2019/8/4(日)のフィールドワーク_f0376976_17492640.jpg

ヒヌマイトトンボ♀(未成熟個体) 「PHOTOHITOリンク
未成熟個体のメスは、オレンジ色の体色です。
今回の探索で、唯一のメスの個体でした。
2019/8/4(日)のフィールドワーク_f0376976_17513888.jpg

ヒヌマイトトンボ♀(未成熟個体) 「PHOTOHITOリンク
前の写真と、同じ個体です。
少し移動して、静止してくれました。
前述のオスの個体のロストがあったので、冷や冷やしました。
2019/8/4(日)のフィールドワーク_f0376976_17520534.jpg

ヒヌマイトトンボ♀(未成熟個体) 「PHOTOHITOリンク
前の写真と、同じ個体です。
この静止場所が気に入ったようで、餌を捕りに行っても、戻ってきてくれました。
機材を替えて、フルサイズ機+100mmクラスのマクロレンズで、撮影しました。
前の写真と、同じくらいの対画面比率ですが、良くボケています。
2019/8/4(日)のフィールドワーク_f0376976_18033148.jpg

ヒヌマイトトンボ♀(未成熟個体) 「PHOTOHITOリンク
前の写真と、同じ個体です。
さらに寄らせてくれたので、絞り込んで撮影しました。
2019/8/4(日)のフィールドワーク_f0376976_18123285.jpg

アジアイトトンボ♂ 「PHOTOHITOリンク
風が常に吹いており、さらに活性が高く、撮影しにくい状況でした。
2019/8/4(日)のフィールドワーク_f0376976_18132287.jpg

アジアイトトンボ♂(未成熟個体) 「PHOTOHITOリンク
成熟度が進んでいないので、尾部先端部の青色が、まだ薄いです。
2019/8/4(日)のフィールドワーク_f0376976_18183243.jpg
アジアイトトンボ♂(未成熟個体) 「PHOTOHITOリンク
羽化してから、あまり時間が経過していない個体です。
尾部先端部の青色は薄く、複眼の青色も発色していません。
2019/8/4(日)のフィールドワーク_f0376976_18221773.jpg

by ba-mf08 | 2019-08-04 20:00 | トンボ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 2019/8/10(土)のフィ... 2019/8/3(土)のフィー... >>