人気ブログランキング |

2019/7/13(土)のフィールドワーク

探索時間:7:00~12:00
7時の気温:22℃
8時の気温:23℃
9時の気温:24℃
10時の気温:26℃
11時の気温:27℃
12時の気温:27℃
探索中の天候:曇ときどき晴
探索中の潮汐:満潮(0:56)→干潮(8:29)→満潮(15:41)
探索対象:ヒヌマイトトンボ・アジアイトトンボ・アオモンイトトンボ
前回の探索:7/6(定期観察中)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
今回の探索までの現地の最高気温/最低気温
7/07 21℃/19℃
7/08 25℃/18℃
7/09 22℃/19℃
7/10 25℃/19℃
7/11 24℃/19℃
7/12 22℃/18℃
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
ヒヌマイトトンボの状況は、以下の通りでした。

現地に到着した時は、前回の探索時よりも、個体数が少なかったです。
時間が経過してくれば、多くの個体が出て来るかと期待していました。
気温が上がりましたが、期待に反して、個体数が増える事はなかったです。
さらに、正午頃には、ほとんど見つからなくなりました。
交尾するペアは、見つかりませんでした。
アシの茂みの奥の方では、数頭の成熟個体のメスが、見つかりました。

アジアイトトンボの状況は、以下の通りでした。

前回同様、下草が茂った河川敷の水溜り周辺では、多くの個体が見つかりました。
活性が高く、交尾をするペアが、多く見つかりました。
ヒヌマイトトンボの生息エリアでは、1頭のオスが見つかりました。

アオモンイトトンボの状況は、以下の通りでした。

前回同様、今回も全く見つかりませんでした。

ヒヌマイトトンボをまとめた内容は、コチラです。
アジアイトトンボ・アオモンイトトンボをまとめた内容は、コチラです。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
以下、今回の探索で撮影した分です。

ヒヌマイトトンボ♂ 「PHOTOHITOリンク
f0376976_10480437.jpg

ヒヌマイトトンボ♂ 「PHOTOHITOリン
f0376976_10491469.jpg

ヒヌマイトトンボ♂ 「PHOTOHITOリンク
オスの特徴である「翅胸部背面4個の緑色斑紋」「4個の眼後紋」がわかるように撮影しました。
f0376976_10505780.jpg

ヒヌマイトトンボ♀ 「PHOTOHITOリンク
未成熟個体のメスは、体色がオレンジ色です。
f0376976_11002298.jpg

ヒヌマイトトンボ♀ 「PHOTOHITOリンク
メスの特徴である「単眼域の菱形の黒斑」がわかるように撮影しました。
f0376976_11003196.jpg

ヒヌマイトトンボ♀ 「PHOTOHITOリンク
成熟度が進み、体色がオレンジ色から茶褐色に変化していました。
f0376976_11074961.jpg

アジアイトトンボ交尾態 「PHOTOHITOリンク」 「αcafeリンク
f0376976_11095326.jpg

アジアイトトンボ交尾態 「PHOTOHITOリンク」 「αcafeリンク
f0376976_11095773.jpg

by ba-mf08 | 2019-07-14 12:00 | トンボ | Comments(0)
<< 2019/7/15(月)の庭ビ... 2019/7/11(木)のネコ吉 >>