人気ブログランキング |

2019/4/21(日)のフィールドワーク

現地の滞在時間:7:00~13:00
7時の気温:14℃
8時の気温:16℃
9時の気温:17℃
10時の気温:19℃
11時の気温:21℃
12時の気温:21℃
13時の気温:22℃
天候:晴
探索対象:ホソミイトトンボ
前回の訪問:4/13(定期観察中)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
今回の訪問までの現地の最高気温/最低気温
4/14 19℃/11℃
4/15 22℃/13℃
4/16 21℃/11℃
4/17 19℃/12℃
4/18 22℃/14℃
4/19 24℃/16℃
4/20 19℃/11℃
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
ホソミイトトンボ越冬型の状況は、以下の通りでした。

今回の訪問では、繫殖水域のみを探索しました。
ようやく、繫殖水域で観察できました。
昨年の繫殖水域での初見日は、4/7でした。
一昨日の繫殖水域の初見日は、4/22でした。

9時半近くに、繫殖水域に集まり始めました。
オスは、探雌飛翔を行い、テリトリーを張っていました。
オスは、メスを見つけると交尾態になり、連結産卵へ移行していきました。

前回観察できた個体の複眼の色は、まだ茶色が残っていました。
今回、繫殖水域に集まった個体の複眼の色は、すでに茶色が抜けていました。

繫殖水域に集まる前に、周囲の草地などの茂みを探索しました。
しかし、どういう訳か、全く見つかりませんでした。

まだ水田に水が張られていないので、当地の繫殖水域は、現状、1箇所のみ。
今回の訪問では、延べ約10ペア+数頭のオスが、観察できました。

当地の用水路に水が通るのは、毎年5/3頃です。
その後は、各農家さんの判断で、随時、田んぼに水を入れるとの事です。

ホソミイトトンボをまとめた内容は、コチラコチラです。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
以下、今回の訪問で撮影した分です。
ブログに投稿した写真は、PHOTOHITOにも投稿しております。
(PCでの閲覧を、推奨しております。)
SONY機で撮影した分は、αcafeにも投稿しております。

SONY α7Ⅲ
SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS
今回の訪問の撮影分の中で、一番のお気に入り写真です。
植物が十分に繫茂していないので、コチラの気配を察知されやすい状況です。
従って、不用意に近付くと、逃げられてしまいます。
注意深く接近して、ようやく撮影できた交尾態です。
f0376976_19460177.jpg

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
600mm(35mm換算)レンズだと、遠くから狙えます。
あまり近付かなくて済むので、逃げられにくいのがメリットです。
その分、手前に草が被り易くなるので、ポジショニングが限定されやすいです。
f0376976_19502890.jpg

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
交尾態になると、静止時間が比較的長い傾向です。
トンボを驚かせなければ、多くの枚数が撮影できます。
f0376976_20132329.jpg

SONY α7Ⅲ
SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS
多くのオスは、繫殖水域でテリトリーを張っています。
頻繫に探雌飛翔をしているので、静止時間は、あまり長くないです。
f0376976_20234510.jpg

SONY α7Ⅲ
SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS
探雌飛翔に疲れたのか、静止時間が長かった個体です。
ただ、背景があまり映える場所でなかったのが、残念でした。
f0376976_20281437.jpg

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
望遠レンズだと、あまり近付く必要がないので、僅かなチャンスを逃しにくいです。
f0376976_20373424.jpg

OLYMPUS OM-D E-M1 MarkⅡ
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
望遠レンズだと、雑然とした背景も、比較的大きくボカす事ができます。
f0376976_20420988.jpg

SONY α7Ⅲ
SONY FE 100mm F2.8 STF GM OSS
ホソミイトトンボを観察中、周りでは次々とシオカラトンボの羽化が始まっていました。
まだ飛翔力が弱いので、飛び上がっても、すぐに着地してしまいます。
f0376976_20484073.jpg


by ba-mf08 | 2019-04-23 21:30 | トンボ | Comments(0)
<< 2019/4/25(木)のネコ吉 2019/4/16(火)のネコ吉 >>