人気ブログランキング |

2018/8/25(土)のフィールドワーク

現地の滞在時間:7:00~11:00
7時の気温:30℃
8時の気温:31℃
9時の気温:31℃
10時の気温:32℃
11時の気温:33℃
天候:晴
探索対象:ホソミイトトンボ・アジアイトトンボ・モートンイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は8/18です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ホソミイトトンボの状況は、以下の通りでした。

前回と同じ作付けしてある水田や、一部の休耕田で、少数の夏型が観察できました。
観察できた個体数は、前回と同じような状況でした。

ホソミイトトンボ夏型は、すでに終息期です。
そういう状況ですが、まだ交尾態や連結産卵が観察できました。

ホソミイトトンボ越冬型の羽化が、そろそろ始まります。
今回の訪問では、確認できませんでした。

昨年の夏型の終見日は、9/3でした。
昨年の越冬型の初見日は、8/26でした。

アジアイトトンボの状況は、以下の通りでした。

今回の訪問では、前回よりも多くの個体が観察できました。
複数の交尾態も、観察できました。
メスは、オレンジ色の未熟個体、緑色の成熟個体が、混在していました。
第二世代と第三世代の世代交代期だと思います。

モートンイトトンボの状況は、以下の通りでした。

モートンイトトンボは、すでに終息期です。
今回は、オスの1個体のみが、観察できました。
次回の訪問時には、完全に終息していると思います。
昨年の終見日は、8/20でした。

その他の状況は、以下の通りでした。

今回も、キイトトンボが観察できました。
前回同様、観察できたのは、オスの1個体のみでした。
現在のところ、昨年と同じような発生状況です。
昨年の初見日は8/20で、終見日は9/9でした。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

ホソミイトトンボ夏型連結産卵
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
前回訪問時にも連結産卵が撮影できましたが、その時は少し絞りました。
今回は、開放絞りで撮影しました。
手前に草が一本被ってしまいましたが、開放絞りなので、前後ボケが大きいです。
f0376976_18123342.jpg

ホソミイトトンボ夏型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
だいぶ翅が擦れていた、食事中の老熟個体です。
まだ元気で、探雌飛翔しながら、餌の昆虫を捕食していました。
f0376976_18160069.jpg

ホソミイトトンボ夏型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
このレンズは解像度は素晴らしいのですが、開放絞りの時、丸ボケになってくれませんでした。
f0376976_18182579.jpg

ホソミイトトンボ夏型♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
定番の真横から撮影。
この個体は、かなり活性が高く、なかなか静止してくれませんでした。
結局、この個体は10枚くらいしか、撮影させてもらえませんでした。
(撮影データを調べたら、45分くらい追い回していました。)
f0376976_18214614.jpg

アジアイトトンボ交尾態
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
このペアの撮影時が、最も風が強かったです。
揺れが収まるのを見計らっての撮影ですが、なかなか止まりません。
開放絞りでの撮影だったので、さらに大変でした。
f0376976_18275464.jpg

アジアイトトンボ交尾態
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
f0376976_18290077.jpg

アジアイトトンボ♀
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
この個体は、一枚しか撮影できませんでした。
f0376976_18335916.jpg

アジアイトトンボ♀(未熟個体)
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
成熟個体同様、この個体も、一枚しか撮影できませんでした。
f0376976_18351017.jpg

撮影後記

台風が過ぎ去った影響が残り、終始、風が吹いていました。
撮影体制に入っても、トンボが静止していた草が、風で揺れていました。
4時間のフィールドワークで、撮影できた枚数は、わずか50枚ほどでした。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

アジアイトトンボをまとめた投稿内容は、コチラ
PHOTOHITOのアジアイトトンボの写真一覧は、コチラ


※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-08-25 23:00 | トンボ | Comments(0)
<< 2018/8/26(日)のフィ... 2018/8/19(日)のフィ... >>