人気ブログランキング |

2018/7/16(月)のフィールドワーク

現地の滞在時間:7:00~10:30
7時の気温:28℃
8時の気温:30℃
9時の気温:32℃
10時の気温:33℃
天候:晴
探索対象:ホソミイトトンボ・アジアイトトンボ・モートンイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は7/8です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ホソミイトトンボの状況は、以下の通りでした。

前回同様、今回も越冬型は見つかりませんでした。
当地での越冬型は、ほぼ終息したと思います。
昨年の越冬型の終見日は、7/23でした。

前回よりも、夏型が繁殖水域で多く見つかりました。
数ペアの交尾態も観察できました。

夏型の羽化は、まだ続いていましたが、テネラル個体は少なかったです。

モートンイトトンボの状況は、以下の通りでした。

前回同様、多数の個体が観察できました。
まだ羽化が続いていましたが、テネラル個体は少なくなりました。

7:30を過ぎた頃になると、交尾を解除するペアが出始めました。

水面ギリギリのところに、多くのメスの個体が静止していました。
驚かせずに、しばらく見ていると、産卵を始めました。

アジアイトトンボの状況は、以下の通りでした。

今回の訪問でも、見つかりませんでした。
6/3の観察を最後に、しばらく、見つかっていません。
今年の初観察から、約2ヶ月以上が経過し、第二世代がいるはずです。
今年の本種は、個体数が少ないように感じます。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

ホソミイトトンボ夏型交尾態
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
風が吹いている状況でした。
草の葉の先端部に静止していたので、ユラユラ揺れていました。
撮影枚数は多かったのですが、納得できる写真は少なかったです。
f0376976_21495770.jpg

モートンイトトンボ♀
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
水面近くの個体を静かに見ていたら、産卵を開始しました。
カメラを水面ギリギリまで下げて撮影。
毎度、毎度、カメラとレンズを濡らしてしまいます・・・
f0376976_21511277.jpg

モートンイトトンボ♂
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
まるで、暑さを避けて葉の下で涼んでいるようでした。
実際は、撮影する私から逃げて隠れているようでした。
f0376976_21534429.jpg

モートンイトトンボ♀
SONY α7Ⅲ
SIGMA 70mm F2.8 DG MACRO | Art
草の茂みに潜り込んでいた個体です。
ゴチャゴチャした背景でしたが、程良くボケてくれて、気に入った写真になりました。
f0376976_21561816.jpg

モートンイトトンボ♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
オスの特徴的な眼後紋がわかるように撮影。
f0376976_21584647.jpg

モートンイトトンボ♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
メスの特徴的な眼後紋を狙っていたら、産卵を開始しました。
f0376976_22010471.jpg

撮影後記

ホソミイトトンボ夏型は、敏感な個体が多かったです。
当初、フルサイズ機+70mmマクロでアプローチしましたが、すぐ逃げられました。
マイクロフォーサーズ機+望遠レンズ(150mm)で、なんとか撮影できました。

モートンイトトンボは、警戒心が薄いのか、簡単に寄れました。
ジックリと、フルサイズ機+70mmマクロで撮影できました。

報道などで、熱中症の注意喚起がされていました。
こまめに水分補給をして、休憩をするようにしました。
ふと休憩中に、カメラザックにぶら下げてる気温計を見ると・・・
なんと、40℃・・・
炎天下の田んぼの真ん中は、こんなにも危険な気温でした。

普段から暑い中で撮影しているからか、意外にも体調は大丈夫でした。
油断せずに、注意を怠らないように、しないといけません(汗)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

モートンイトトンボをまとめた投稿内容は、コチラ
PHOTOHITOのモートンイトトンボの写真一覧は、コチラ

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-07-20 22:15 | トンボ | Comments(0)
<< 2018/7/21(土)のフィ... 2018/7/15(日)のフィ... >>