2018/7/1(日)のフィールドワーク

現地の滞在時間:7:00~11:00
7時の気温:27℃
8時の気温:27℃
9時の気温:29℃
10時の気温:30℃
11時の気温:30℃
天候:晴
探索対象:ホソミイトトンボ・アジアイトトンボ・モートンイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は6/24です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ホソミイトトンボの状況は、以下の通りでした。

個体数は多くは無かったですが、まだ越冬型が見つかりました。
2ペアの交尾態・連結産卵が観察できました。
オスの個体数が少ないからか、単独産卵していたメスもいました。
当地での越冬型は、終息が近いと思います。
昨年の越冬型の終見日は、7/23でした。

羽化したばかりの色付いていない夏型が、多数見つかりました。
羽化したばかりの個体は、アシの茂みの入口付近に集まっていました。
これからアシ原に潜り込み、成熟度が進むまで摂食行動をすると思います。
昨年の夏型の初見日は7/2で、ほぼ例年通りでした。

一方で、1個体の成熟個体の夏型のメスを、見つけました。
他には、成熟個体の夏型は、見つかりませんでした。
(「越冬型」と「夏型」の発生仮説については、コチラにまとめてあります。)

モートンイトトンボの状況は、以下の通りでした。

前回同様、多数の個体が観察できました。
羽化が出遅れていた個体群が、一斉に羽化していました。
羽化したばかりの色付いていない個体・未熟個体・成熟個体が、入り乱れていました。

到着早々、成熟個体の交尾態が観察できました。
気温が高く晴れていて活性が高いからか、観察中に交尾を解除してしまいました。
その後、辺りを探しましたが、交尾態は見つかりませんでした。

アジアイトトンボの状況は、以下の通りでした。

6/3の観察を最後に、しばらく、見つかっていません。
今年の初観察から、約2ヶ月以上が経過し、第一世代が終息したと思います。
第二世代が出現しても、おかしくはありません。
モートンイトトンボの個体数が多いので、見落としている可能性があります。
ただ、未熟時のオレンジ色のメスは目立つので、見落しそうにありません。
不思議です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

ホソミイトトンボ夏型♀
SONY α7Ⅲ
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
羽化間もなく色付いていない個体は、識別しにくいです。
本種は、腹部が長めの比率なので、慣れるとシルエットでもわかります。
f0376976_20113540.jpg

ホソミイトトンボ夏型♂
SONY α7Ⅲ
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
羽化間もなく色付いていない個体は、識別しにくいです。
本種は、腹部が長めの比率なので、慣れるとシルエットでもわかります。
f0376976_20123312.jpg

モートンイトトンボ♂
SONY α7Ⅲ
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
少し引き気味の構図で、周りの雰囲気を多めに取り込みました。
f0376976_20130528.jpg

モートンイトトンボ♂
SONY α7Ⅲ
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
少し引き気味の構図で、周りの雰囲気を多めに取り込みました。
f0376976_20133342.jpg

ホソミイトトンボ越冬型連結産卵
SONY α7Ⅲ
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
ペアが一直線になっていなかったので、メスの個体にピントを合わせました。
雰囲気は気に入ってます。
f0376976_20144801.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
SONY α7Ⅲ
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
もう終盤期なので、いつまで見れるのか・・・
f0376976_20150745.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
もう終盤期なので、いつまで見れるのか・・・
f0376976_20154179.jpg

撮影後記

晴れ渡った当地でのフィールドワークは、久し振りです。
風が強くて、なかなかピントが合わず、撮影が思うように進みませんでした。
前日のフィールドワーク同様、強い陽射しの中での撮影でした。

撮影の合間に、こまめに水分補給と栄養補給(カロリーメイトゼリー)をしました。
今回も、体調不良を起こす事もなく、無事にフィールドワークを終える事ができました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

モートンイトトンボをまとめた投稿内容は、コチラ
PHOTOHITOのモートンイトトンボの写真一覧は、コチラ

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-07-03 20:30 | トンボ | Comments(0)
<< 2018/7/7(土)のフィー... 2018/6/30(土)のフィ... >>