人気ブログランキング |

ヒヌマイトトンボ

ヒヌマイトトンボは、定期的に観察しているモートンイトトンボと、同属のトンボです。
同属のトンボでありながら、生息環境が全く異なるため、比較観察しています。
本種は、絶滅危惧Ⅰ類(CR+EN)に類別されています。
(定期的に投稿内容を更新します。)

★全長
・約26~34mm(同属のモートンイトトンボは約22~32mm)
★分布
・本州・九州に分布するが、局地的分布
★活動期間
・6月上旬~7月下旬(1年1世代)
・幼虫で越冬
★生息環境
・海岸沿いのヨシやマコモなどが密生した汽水域の河口や湖沼など
・未熟個体も成熟個体も、あまり繁殖水域から大きく離れない
★特徴的な成虫形態
・♂の翅胸部背面に4個の緑色斑紋がある
・♀の未熟個体は全身がオレンジ色だが、成熟個体は全身が茶色っぽい褐色か、うぐいす色っぽい褐色
(中国地方以西には、♂型♀も生息する)
・♂には4個の眼後紋があり、♀の単眼域には菱形の黒斑がある
★交尾・産卵の特徴
・交尾は午前中に行われる
・♀は午後の暑い時間帯に、単独で水面付近の植物組織内に産卵
★備考
・幼虫は純淡水でも育つが、耐塩水性がある
・他のトンボが育ちにくい汽水域で、子孫が残せる適応をしたと考えられている
・ある程度、汽水域にも生息するアオモンイトトンボが、天敵のひとつ


ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

PHOTOHITOのヒヌマイトトンボの写真一覧は、コチラ

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2016-09-28 17:00 | トンボ | Comments(0)
<< 冬虫夏草 モノサシトンボ・アマゴイルリトンボ >>