人気ブログランキング |

2018/5/26(土)のフィールドワーク

現地の滞在時間:7:00~12:00
7時の気温:20℃
8時の気温:22℃
9時の気温:24℃
10時の気温:24℃
11時の気温:25℃
12時の気温:25℃
天候:曇ときどき晴
探索対象:ホソミイトトンボ・アジアイトトンボ・モートンイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は5/19です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ホソミイトトンボの状況は、以下の通りでした。

前回同様、多数の個体が集まっていました。
今まで頻繁に集まった休耕田には、ほとんど集まってきませんでした。
田植えをするために水を張った、開放水面が広い水域に集まっていました。
休耕田では、草が茂ってきており、開放水面が少なくなっています。
個人的な知見ですが、越冬型は開放水面を好み、夏型は草が茂った水域を好む傾向です。
昨年の夏型の初見日は、7/2でした。

アジアイトトンボの状況は、以下の通りでした。

前回同様、成熟個体のオスとメスを、各1頭ずつ観察できました。
当地の本種の第一世代の個体数は少ないと、個人的には感じています。

モートンイトトンボの状況は、以下の通りでした。

まだ、出現していないようでした。
昨年の初見日は、6/11でした。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

草の茂みにいた個体は、フルサイズ機+マクロレンズで撮影。
マイクロフォーサーズ機よりも、背景を大きくボカせます。

水を張った田んぼには入れないので、マイクロフォーサーズ機+望遠レンズで撮影。
フルサイズ機よりも、望遠効果が大きくなります。

トンボがいる場所によって、機材を使い分けました。

ホソミイトトンボ越冬型連結産卵
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
オスは、激しく翅を動かしています。
背景の感じが気に入ってます。
f0376976_22253886.jpg

ホソミイトトンボ越冬型連結産卵
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
f0376976_22271929.jpg

ホソミイトトンボ越冬型連結産卵
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
f0376976_22280787.jpg

ホソミイトトンボ越冬型交尾態
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
逆光で撮影。
背景の水面の明るさを、白飛び寸前の露出にしました。
それでも暗いトンボには、ストロボを当てて明るくしました。
f0376976_22293463.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
f0376976_22515774.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅲ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

f0376976_22531792.jpg

ホソミオツネントンボ♀
SONY α7Ⅲ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

本種の成熟個体♀は、水色の個体と褐色の個体の、2タイプがいます。
多くは、オスとメスが連結したまま産卵します(連結産卵)。
この個体のように、稀に、メスの単独産卵をします。
当地では、ほとんど見かけないので、別の所から飛ばされてきたと思われます。
また、活動末期という事ともあり、相手のオスがいなかったのではないかと思います。
f0376976_22564283.jpg

ホソミオツネントンボ♀
SONY α7Ⅲ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

f0376976_22565841.jpg

アジアイトトンボ♀
SONY α7Ⅲ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS
水面ギリギリから狙いました。
カメラが濡れてしまうか、ヒヤヒヤしました。
f0376976_22581504.jpg

アジアイトトンボ♂
SONY α7Ⅲ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

f0376976_23032317.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

ホソミイトトンボの発生状況・形態の投稿内容は、コチラです。
ホソミイトトンボの交尾・産卵の投稿内容は、コチラです。
PHOTOHITOのホソミイトトンボの写真一覧は、コチラです。

アジアイトトンボ・アオモンイトトンボをまとめた投稿内容は、コチラ
PHOTOHITOのアジアイトトンボの写真一覧は、コチラ

モートンイトトンボをまとめた投稿内容は、コチラ
PHOTOHITOのモートンイトトンボの写真一覧は、コチラ

PHOTOHITOのホソミオツネントンボの写真一覧は、コチラ

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

by ba-mf08 | 2018-05-29 23:30 | トンボ | Comments(0)
<< 2018/5/27(日)のフィ... 2018/5/25(金)のフィ... >>