2018/5/25(金)のフィールドワーク

現地の滞在時間:5:00~7:00
5時の気温:18℃
6時の気温:18℃
7時の気温:20℃
天候:曇のち晴
探索対象:アジアイトトンボ・アオモンイトトンボ・モノサシトンボ

定期観察している自宅近くのフィールドで、前回の訪問は5/20です。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

会社に出社する前に、自宅近くのフィールドを早朝探索しました。

アオモンイトトンボの状況は、以下の通りでした。

早朝にも関わらず、前回の訪問時よりも、多くの個体が観察できました。
♂・未熟個体♀・♂型♀・異色型♀など、様々な個体が観察できました。

5/17の早朝探索時より、気温が低かったからか、活性が低かったです。

アジアイトトンボとモノサシトンボは、見つけることができませんでした。

早朝限定の探索という事もあり、観察内容は十分ではありません。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。

アオモンイトトンボ未熟個体♀
SONY α7Ⅲ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

ピント合わせが失敗した5/20撮影分に近い雰囲気です。
(それでも前回の雰囲気の方が好みです。)
今回はシッカリと、ピント面を捉えられました。
f0376976_19453862.jpg

アオモンイトトンボ未熟個体♀
SONY α7Ⅲ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

f0376976_19480983.jpg

アオモンイトトンボ異色型♀
SONY α7Ⅲ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

未熟時の赤色が僅かに残っていますが、緑褐色に変色中です。
当地での本種のメスは、同色型♀(♂型♀)が多く、異色型♀は少ない傾向です。
(もっと、フィールドに通えよ、と言われそうですが・・・)
そのため、茶色っぽい個体は、ついつい、未熟個体♀と思い込んでしまいます。
このカットは、尾部先端部にピントが合っていません。
ピント面の調整のため、右前に移動したら、飛ばれました。
f0376976_19484697.jpg

アオモンイトトンボ♂型♀
SONY α7Ⅲ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

f0376976_19521721.jpg

アオモンイトトンボ♂
SONY α7Ⅲ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

f0376976_19523379.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

アジアイトトンボ・アオモンイトトンボをまとめた投稿内容は、コチラ
PHOTOHITOのアオモンイトトンボの写真一覧は、コチラ
PHOTOHITOのアオモンイトトンボ(黒化型)の写真一覧は、コチラ
アオモンイトトンボに関する参考文献は、コチラ

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。


by ba-mf08 | 2018-05-28 20:00 | トンボ | Comments(0)
<< 2018/5/26(土)のフィ... 2018/5/20(日)のフィ... >>