2017/11/23(木)のフィールドワーク

現地の滞在時間:9:00~12:00
到着時の気温:10℃(気象庁発表)
撤収時の気温:10℃(気象庁発表)
現地実地気温:10℃(10:00) 11℃(11:30)(持参気温計)
天候:雨のち曇
探索対象:ホソミイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は
11/19

前回の探索を参考に、今回の「ホソミイトトンボ」と、その他の状況
★前回観察できたポイントで、さらに2個体を発見し、合計6頭が観察できた。
・新たに見つけた2個体も、ツル系植物に静止していた。
・前回観察できた4頭は、ほとんど移動しておらず、ほぼ同じ場所で観察できた。
・飛翔できる体温に達していないので、近付くと茎の上を回転移動で回避した。
(個人的見解だが、飛翔に必要な体温は22℃前後)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

夜中から降り続く雨模様ですが、前回観察できたエリアに向かいました。
前回の観察内容から、すでに越冬体勢になっていると想定。
前回静止していた場所から、ほとんど移動していないと思われます。

早速、探索したところ、容易に発見。
やはり、ほとんど移動していませんでした。
近付くと、飛翔はしませんが、嫌がって茎の上を回転移動で回避しました。

とりあえず、撮影の準備をしました。
ストレスを与えないように、寄らずに撮影できる望遠レンズを選択。
カメラを構えて、改めてわかった事がありました。
「ホソミイトトンボ」が静止しているところは、比較的、風や雨の影響が少ない状況。
私がカメラを構えてるところ(撮影距離は約1m)は、雨がザァザァ当たりました。
越冬場所も、よく考えているようです。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
ISO200でストロボ光のみで露光。
暗い背景には、ストロボ光が届かないので、暗い部分があります。
f0376976_20323258.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
ISO1600でストロボ光と自然光のミックス露光。
暗い背景が、ISO200の写真よりも明るくなりました。
f0376976_20370954.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
開放絞りでも、背景があまりボケません。
絞り込んで解像度重視の写真にしてみました。
f0376976_21341143.jpg

雨が当たり難いポイントですが、体には無数の水滴が付着してました。

11時過ぎには雨が止み、少し空が明るくなってきました。
少しでも体温を上げようと、明るい空に体を向け始めました。

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_20421082.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
コチラの気配を察知したようで、枝に張り付いて「擬態」をしているようでした。
f0376976_20432647.jpg


途中、昨シーズンに観察できたタケの枝や、別のエリアも探索しましたが、発見には至らず。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「ホソミイトトンボ」の発生状況・形態の投稿内容は、コチラ
「ホソミイトトンボ」の交尾・産卵の投稿内容は、コチラ
「PHOTOHITO」のホソミイトトンボの写真一覧は、コチラ

by ba-mf08 | 2017-11-23 20:55 | トンボ | Comments(0)
<< 2017/11/25(土)のフ... 2017/11/19(日)のフ... >>