人気ブログランキング |

ホソミイトトンボ 発生状況・形態

ホソミイトトンボは、年間を通して観察しているトンボです。
本種は、オツネントンボ・ホソミオツネントンボと同様、成虫越冬種です。
(定期的に投稿内容を更新します。)
(交尾・産卵は、コチラ

★全長
・越冬型:約33~38mm
・夏型:約28~34mm
(越冬型の大きさは、夏型と比べて非常に細長く、約5mmくらい腹節が長い)
★活動期間
・越冬型:8月下旬~翌年6月上旬
⇒羽化した越冬型は、10月くらいから水辺から離れたところに移動し越冬態勢になり、翌年の4月中旬頃から繁殖行動が始まる
 夏型が産卵した卵と、前年に羽化した越冬型が春に産卵し夏型が発生しなかった卵から、越冬型が発生する
・夏型:6月下旬~8月上旬
⇒越冬型が産卵した卵から夏型が発生しますが、地域によっては夏型は発生せずに、晩夏に越冬型が発生する事がある
 夏型は、6月下旬~8月上旬頃に活動しているので、前半は前年に羽化した越冬型と、後半は新しく羽化した越冬型が混在することがある
・夏型が発生する頃でも、越冬型が観察できることがある
 越冬期に、山奥まで入り込んだ越冬型は、距離や発育状況によって、水辺に戻る時間がかかるためと思われる
★生息環境
・平地~丘陵地の池・沼・湿地・水田・河川のワンド
★特徴的な成虫形態
・腹部が非常に細長い
・左右の眼後紋と後頭条が繋がっている
・越冬型と夏型の2タイプが存在
★越冬型と夏型の体色の違い
・越冬型は羽化後、青色に体色変化(写真①)し、気温が低下し枯れ枝が目立つ頃になると、再び茶色に体色変化(写真②)
・越冬型は越冬後、気温が上昇する春になる頃には、再び青く色付くが、前年に羽化した後に比べると青みが濃い(写真③)
・夏型の体色は青いが、越冬型に比べると緑色っぽい体色(写真④)
★越冬型と夏型の翅胸部の肩縫線の黒条の違い
越冬型・・・細い
夏型・・・・太い
★越冬型と夏型の中脚の黒斑の違い
越冬型・・・脚先に集中
夏型・・・・基部に集中

越冬型の越冬期間の活動は以下の通りのようです。
★羽化後、茶色から青色に体色変化すると、繁殖水域を離れ始め、繁殖水域に隣接する山などに散らばる
★秋になり、気温が低下し枯れ枝が目立つ頃になると、青色から再び茶色に体色変化する
★越冬初期(10・11月)は、樹上の高いところにいることが多く、陽射しを受けて体温が上がると、エサを求めて下に降りてくる
★摂食行動は主に正午頃までで、午後は高い樹上にある休息場所に戻り始める
★陽当りの良いところに静止した個体は、朝から曇らずに、気温が約15℃を越えるようになると飛翔する

★厳冬期になると、(雨や風の影響を受けにくく)凍らない樹上で越冬体勢になる
★腹部を不規則に少し折り曲げて、垂直に近い枝や茎などに張り付くようにして静止写真⑤)
★不用意に近付き過ぎると、嫌がって茎の裏側に回転して隠れる(写真⑥)
★陽射しがあり、活動体温まで温まると摂食行動をする
★春一番の頃に、茶色から青色に体色変化し、潜んでいた越冬場所から移動し始める
★繁殖期になるまで(2・3月)は、樹上の高いところにいることが多く、陽射しを受けて体温が上がると、エサを求めて下に降りてくる


特に夏型の発生状況は、謎なところも多く、越冬型が確認できても、夏型が確認できていないフィールドもあります。
単純に探し方の問題かもしれませんが・・・


個人的に現状でわかっている事は以上です。


ブログに投稿した写真は、PHOTOHITOにも投稿しております
(PCでの閲覧を推奨しております。)

by ba-mf08 | 2016-09-28 12:00 | トンボ | Comments(2)
Commented by mikiosu at 2016-09-30 23:52
こんにちは。
ブログ開設おめでとうございます。
ホソミオツネントンボ、夏型と越冬型では腹節の長さも結構違うんですね。勉強になりました。
Commented by ba-mf08 at 2016-10-01 05:08
> mikiosuさん
コメント頂きありがとうございます。

ホソミイトトンボの「越冬型」と「夏型」は、同種でありながら違うんですよ。

<< ホソミイトトンボ 交尾・産卵