2018/8/14(火)の庭

近所でのフィールドワークから帰宅して、なんとなく、自宅の庭を見ていました。
すると、上空から1頭のトンボが舞い降りました。
なんだろう?・・・と近寄ってみたら、なんとウスバキトンボでした。

ウスバキトンボは、熱帯地方から海を渡って来るトンボです。
繁殖を繰り返しながら、7月~8月になると北海道まで分布を広げます。
しかし、八重山諸島以外では越冬できないとされています。
畑や駐車場などで、よく飛翔しており、アカネ属のトンボと間違われる事が多いです。
日中は、ほとんど飛翔していて静止しません。
日の出前・日没後・雨天時・老熟個体を狙うと、静止態が撮れます。

今回観察した個体は、老熟個体でもないのに静止しました。
たまには、休息することもあるようです。

ウスバキトンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
f0376976_21385622.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


PHOTOHITOのウスバキトンボの写真一覧は、コチラ

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。

# by ba-mf08 | 2018-08-16 22:20 | トンボ | Comments(2)

2018/8/14(火)のフィールドワーク(近所)

前日のフィールドワークでは、体調を崩してしまいました。
この日は、朝から自宅でノンビリとしていました。

昼過ぎにコンビニに出かける際、体調も良かったのでカメラも持参。
自宅から徒歩10分くらいの場所の公園に寄ってみました。
(前回の訪問は8/12です。)
自転車で行くと、なんと所要時間は3分でした。

イトトンボを中心に探索しました。

アジアイトトンボの状況は、以下の通りでした。

オスの個体は、1個体のみでした。
メスの個体は、数頭の成熟個体がいました。
メスの未熟個体は、見つかりませんでした。

アオモンイトトンボの状況は、以下の通りでした。

オスの個体は、2頭のみでした。
メスの個体は、成熟個体・未熟個体ともに見つかりませんでした。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

以下、今回の訪問で撮影した分です。
トンボが静止するところは、観察ルートの木道から離れた場所が多いです。
今回は、OLYMPUS機+300mmレンズ+1.4倍テレコンバーターで撮影しました。
前回の訪問時は、カメラのISO感度の設定値を誤り、意図としない設定値でした。
今回は、ISO感度が上がりすぎないように、気を付けました。

アジアイトトンボ♀産卵
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
f0376976_21440923.jpg

アジアイトトンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
f0376976_21443647.jpg

アオモンイトトンボ♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
f0376976_21452243.jpg

アオモンイトトンボ♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
この個体は、トラブルを抱えているようで、静止時に翅を閉じ切れませんでした。
この程度のトラブルは問題ないようで、飛び回って餌の昆虫を捕食していました。
f0376976_21460309.jpg

ギンヤンマ♀産卵
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
本種は、ヤンマ科では珍しく連結産卵することが多いです。
この個体は、単独産卵でした。
f0376976_21472259.jpg

ギンヤンマ♀産卵
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
f0376976_21475497.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

ブログに投稿した写真は、オリジナルサイズで閲覧できるPHOTOHITOにも投稿しております。
赤字には、PHOTOHITOのURLを埋め込んでいます。
PHOTOHITOのページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


アジアイトトンボ・アオモンイトトンボをまとめた投稿内容は、コチラ
PHOTOHITOのアジアイトトンボの写真一覧は、コチラ
PHOTOHITOのアオモンイトトンボの写真一覧は、コチラ
PHOTOHITOのアオモンイトトンボ(黒化型)の写真一覧は、コチラ
アオモンイトトンボに関する参考文献は、コチラ

PHOTOHITOのギンヤンマの写真一覧は、コチラ

※一部のスマートフォン・タブレット端末での閲覧の注意点
一部の端末では、写真の本来の解像度が出力されないようです。
また、フォントが不揃いの事もあるようです。
できるだけ、PCでの閲覧を推奨します。


# by ba-mf08 | 2018-08-16 22:10 | トンボ | Comments(0)