人気ブログランキング |

2019/6/23(日)のネコ吉

雨が降ったり、止んだりと、不安定な天気でした。
雨が止むと、ネコ吉はパトロールに出かけました。

ネコ吉 「PHOTOHITOリンク」 「αcafeリンク
f0376976_21294161.jpg

ネコ吉 「PHOTOHITOリンク」 「αcafeリンク
f0376976_21302536.jpg

ネコ吉 「PHOTOHITOリンク
視線の先が気になるようです。
f0376976_21311219.jpg

ネコ吉 「PHOTOHITOリンク
身構えて、飛びかかる体勢になりました。
f0376976_21335645.jpg

黒い地域猫 「PHOTOHITOリンク
飛びかかる相手は、このメスネコでした。
ケンカを仕掛けるというよりは、一方的に好意を持っているようです。
しかし、黒い地域猫は、ネコ吉に興味がないようで、逃げてしまいました。
f0376976_21352671.jpg

ネコ吉 「PHOTOHITOリンク
途中、雨が降ってパトロールを中止しました。
雨が止んだ夕方に、再びパトロールを再開しました。
視線の先は、黒い地域猫でした。
f0376976_21383688.jpg

「ネコ吉」とは・・・
2013年10月頃から、我が家に来るようになったオスの「さくらねこ」を、「ネコ吉」と呼んでいます。

# by ba-mf08 | 2019-06-24 22:15 | ネコ | Comments(0)

2019/6/22(土)のフィールドワーク

現地の探索時間:7:00~11:00
7時の気温:23℃
8時の気温:23℃
9時の気温:24℃
10時の気温:25℃
11時の気温:24℃
探索中の天候:曇のち雨
探索対象:ホソミイトトンボ・アジアイトトンボ・モートンイトトンボ
前回の探索:6/16(定期観察中)
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
今回の探索までの現地の最高気温/最低気温
6/17 29℃/19℃
6/18 28℃/20℃
6/19 29℃/20℃
6/20 28℃/21℃
6/21 30℃/22℃
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
ホソミイトトンボの状況は、以下の通りでした。

本種の越冬型の行動パターンは、前回と同様でした。
10時頃になると、繫殖水域に多くの個体が集まって来ました。
産卵場所は、開放水面がある水田が、主な産卵場所でした。
交尾・産卵などの、繫殖活動をしていない個体は、植物の茂みの中にいました。

全体的な個体数は、前回よりも、やや少なめでした。
天候の要因もあるかもしれませんが、越冬型の終息が近いのかもしれません。

当地の本種の夏型の発生時期は、概ね、7月になってからです。
発生するには時期が早いですが、一応、探索しました。
今回の探索では、まだ見つかりませんでした。

昨年の、越冬型の終見日と夏型の初見日は同日で、7/1でした。

アジアイトトンボの状況は、以下の通りでした。

前回同様、今回の探索でも、見つかりませんでした。
状況として、第一世代は終息し、これから第二世代が発生してくるのだと思います。
今年の、本種の第一世代の終見日は、6/2でした。
昨年の、本種の第二世代の初見日は、8/4でした。

モートンイトトンボの状況は、以下の通りでした。

前回同様、今回の探索でも、多くの個体が見られました。
当地での、今年の本種の発生確認から、約2週間が経過し、成熟個体が増えました。

本種の、交尾の主な時間帯は、早朝です。
交尾態のメスの成熟度によって、交尾解除の時刻に違いがありました。
成熟個体♀の交尾解除は8時頃、未成熟個体♀の交尾解除は9時頃、でした。
たまたまの観察事例かもしれませんが、気になった事だったので、記録しておきます。
最も遅い交尾解除の時刻は、個人的な記録として、晴天の9:50頃でした。

ホソミイトトンボをまとめた内容は、コチラコチラです。
アジアイトトンボをまとめた内容は、コチラです。
モートンイトトンボをまとめた内容は、コチラです。
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
以下、今回の探索で撮影した分です。

ホソミイトトンボ越冬型連結産卵 「PHOTOHITOリンク」 「αcafeリンク
生息環境を入れ込むため、少し引いた構図で撮影しました。
f0376976_11211381.jpg

ホソミイトトンボ越冬型連結産卵 「PHOTOHITOリンク
生息環境を入れ込むため、少し引いた構図で撮影しました。
f0376976_11245934.jpg

ホソミイトトンボ越冬型交尾態 「PHOTOHITOリンク」 「αcafeリンク
生息環境を入れ込むため、少し引いた構図で撮影しました。
f0376976_11261806.jpg

ホソミイトトンボ越冬型交尾態 「PHOTOHITOリンク
同じ葉に、2ペアが静止しました。
f0376976_11285343.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂ 「PHOTOHITOリンク
探雌飛翔をしていた個体です。
時々、休息静止するので、その時を狙いました。
f0376976_11322992.jpg

モートンイトトンボ交尾態 「PHOTOHITOリンク」 「αcafeリンク
前回の探索では、成熟個体同士の交尾態は見つかりませんでしたが、今回は見つかりました。
f0376976_11353243.jpg

モートンイトトンボ交尾態(未成熟個体♀) 「PHOTOHITOリンク」 「αcafeリンク
f0376976_11402437.jpg

モートンイトトンボ交尾態 「PHOTOHITOリンク
f0376976_11482130.jpg

モートンイトトンボ交尾態 「PHOTOHITOリンク
f0376976_11494951.jpg

モートンイトトンボ交尾態 「PHOTOHITOリンク
f0376976_11503136.jpg

クロイトトンボ♀ 「PHOTOHITOリンク
ホソミイトトンボを観察中、飛び方が少し異なる個体がいました。
植物に静止したので、そっと近付いて見たところ、クロイトトンボでした。
老熟個体のようで、全体的に色褪せていました。
産卵を重ねているためか、腹部全体に、薄っすら乾いた泥が付着していました。
f0376976_11512511.jpg

# by ba-mf08 | 2019-06-23 13:15 | トンボ | Comments(0)