タグ:紅葉 ( 5 ) タグの人気記事

2017/10/14(土)のフィールドワーク

妻が遅めの夏休みが取れたので、一緒に紅葉撮影に出かけました。

昨年は、わりと近場の群馬県に位置する「赤城山」に行ってきました。
ちなみに「赤城山」という山は実は無くて、大きな複数の火山体の名称です。

今年は、「戸隠」へ行きました。
「戸隠」は、2016年6月と2013年9月に訪問し、紅葉撮影では初めての訪問です。
現地に到着するまでは、雨が降り続けていましたが、到着時は止んでくれました。

一路、お目当てのポイントに向けて森の中に入りました。

小さな紅葉
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
焦点距離 40mm
500円硬化くらいの小さな葉でした。
背景をボカして、被写体の被写界深度を稼ぎたいので、フォーカスブラケット撮影して深度合成。
ほぼ狙い通りの写真になりました。
f0376976_14410155.jpg

キノコ
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
焦点距離 12mm
木の切り株から伸びていました。
開放絞りでフォーカスブラケット撮影した写真を深度合成。
焦点距離は短いですが、開放絞りで撮影したので、背景はそれなりにボケてくれます。
被写体のキノコは、深度合成によって被写界深度が深くなりました。
f0376976_14261216.jpg

森を抜けて、ようやくお目当てのポイントに到着。
天候が回復しておらず、遠方の山は見る事ができませんでした。

鏡池
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
焦点距離 34mm
霧が良い雰囲気でした。
三脚をしっかりとセットして、ハイレゾショット撮影しました。
f0376976_15085892.jpg

撮影しているうちに、霧がだんだん減ってきました。

鏡池
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
焦点距離 52mm
望遠レンズで、紅葉がキレイな部分を切り取るように撮影。
三脚をしっかりとセットして、ハイレゾショット撮影しました。
f0376976_15125805.jpg

少し、撮影ポイントを移動してみました。

鏡池
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
焦点距離 70mm
望遠レンズで、紅葉がキレイな部分を切り取るように撮影。
三脚をしっかりとセットして、ハイレゾショット撮影しました。
f0376976_15231354.jpg

鏡池
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
焦点距離  97mm
上の写真と同じ場所から、縦構図で撮影。
三脚をしっかりとセットして、ハイレゾショット撮影しました。
f0376976_15270721.jpg

鏡池
SONY α7Ⅱ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

フルサイズ機でも撮影してみました。
f0376976_15312731.jpg

結局、鏡池を撤収する13時まで、霧が濃くなることはあっても、晴れることはなかったです。

帰路、ニホンザルの群れに遭遇しました。

ニホンザル
SONY α7Ⅱ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

人間に近付くわけでもなく、また、酷く警戒するわけでもなく、毛繕いを始めました。
他の個体は、これからやって来る冬に向けて、食糧を食べていました。
f0376976_15331707.jpg

最後まで、晴れることはなく、気温は終始12℃前後で寒かったです。



赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「PHOTOHITO」の紅葉の写真一覧は、コチラ

「PHOTOHITO」のキノコの写真一覧は、コチラ

「PHOTOHITO」のニホンザルの写真一覧は、コチラ

by ba-mf08 | 2017-10-15 16:18 | 風景 | Comments(0)

2016/12/3(土)のフィールドワーク

自宅近くのトンボのフィールドの紅葉の様子を、午前中にまた見てきました。
今回は、天気が良かったので三脚は持参せず、機材はフルサイズ機を持参しました。
フルサイズ機を持ち出したのは・・・特に理由はなく、ナントナクです(汗)
先週と比べて、かなり色付きが進みましたが、まだまだ、緑色も目立ちます。

写真①
SONY α7Ⅱ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS
背景は紅葉していますが、まだ緑色もあります。

写真②
SONY α7Ⅱ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

写真③
SONY α7Ⅱ
SONY FE 50mm F1.8

写真②と写真③は、同じ位置からレンズを変えて撮影してみました。

写真④ 写真⑤ 写真⑥
SONY α7Ⅱ
SONY FE 50mm F1.8
写真⑥は、赤・緑・黄と3色揃いました(^^)

写真⑦
SONY α7Ⅱ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS
ツツジなんだか、サツキなんだか、一輪だけ、咲いちゃってました。

写真⑧
SONY α7Ⅱ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS
帰り道に、自宅近くの団地で撮影。


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
by ba-mf08 | 2016-12-03 18:30 | 風景 | Comments(0)

2016/11/27(日)のフィールドワーク

天気予報では雨でしたが、なぜか陽射しがあったので、昼過ぎから自宅近くのトンボのフィールドに行ってきました。
目的はトンボではなくて、身近な紅葉撮影です。

写真① 写真②
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

知らないうちに、平野部でも色付いていました。

普段、使用しているOLYMPUS OM-D E-M5 Mark IIには、昆虫撮影に役立つ機能の「フォーカスブラケット」、風景撮影に役立つ機能の「ハイレゾショット」があります。
「ハイレゾショット」は、使用した事が無かったので、今回の紅葉撮影で試してみました。
「フォーカスブラケット」は、意外と手持ち撮影でも、うまくいく事もありますが、
「ハイレゾショット」は、手持ち撮影は無理との評判を聞いたので、三脚とケーブルレリーズを使用しました。

写真③
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
コチラは、通常撮影。

写真③(ハイレゾショット)
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
コチラは、ハイレゾショット撮影。

PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
拡大表示すると、葉や屋根の解像感が違う気がします。

写真④
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
コチラは、通常撮影。

写真④(深度合成)
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
コチラは、深度合成撮影。
実は、ハイレゾショット撮影もしたのですが、奥行き感がある被写体にはあまり期待した効果が望めませんでした。
こういう状況では、深度合成撮影の方が向いているようです。


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


by ba-mf08 | 2016-11-27 19:58 | 風景 | Comments(0)

2016/11/19(土)のフィールドワーク

夜中から降り出した雨が心配でしたが、定期観察している「ホソミイトトンボ」の様子を確認するために、いつものフィールドにダメ元で行ってきました。


ダメでした・・・(泣)


現地の雨が止む時間を見計らって出発し、午前10:30頃に到着。
狙い通り雨は止んでいましたが、気温は約10℃くらいで、かなり寒さを感じる天候でした。
とりあえず、昼近くまで散策しましたが、アカネ属も含めトンボがいませんでした。

このフィールドでの散策は諦め、帰路途中の別のフィールドへ移動しました。
現地には午後2:30頃に到着。
正午を過ぎたというのに、気温はほとんど上がらず・・・
ココでも、トンボを見つける事ができませんでした。

こういう天候の時は、得るものが少なそうです・・・

とりあえず、少しだけ紅葉撮影してきました。

紅葉①
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

紅葉②
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

紅葉③
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

セグロセキレイ
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
ISO1600でしたが、なかなかの画質だと思います。



赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/




by ba-mf08 | 2016-11-19 23:47 | トンボ | Comments(0)

2016/10/15(土)のフィールドワーク

妻が遅めの夏休みが取れたので、一緒に紅葉撮影に出かけました。
当初は、知人にいろいろ教えて頂いた志賀高原か戸隠あたりに行く予定でしたが、今週は私めの「いつもの頭痛」が酷く、やむなく断念・・・
でも行きたいので近場の「赤城山」に行ってきました。
群馬県に位置する「赤城山」。
「赤城山」という山は実は無くて、大きな複数の火山体の名称です。

写真① 写真② 写真③ 写真④
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

色付き始めといった感じでした。


紅葉撮影をしながら、トンボがいないか、ついつい探してしまいました(汗)
太陽が当たる日向は気温が20℃近くまで上がりますが、日陰に入ると気温は15℃を下回ります。
トンボが活動するには難しい状況でしたが・・・

コノシメトンボ♂①
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
やや上からのアングルで撮影。
絞り込んでシャープネスを出しました。

コノシメトンボ♂②
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
地面スレスレからの撮影。
開放絞りで、背景を大きくボカしました。
普段使用しているOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROよりも重さが軽いので、不安定な体勢でも撮影が楽チンでした。

コノシメトンボは、唯一、活動していた種類。
標高約1300~1400m、日中の気温約20~15℃、まだ頑張っていました。
もう寒いので枝先に静止すること無く、地面からの輻射熱を利用するため、地面の上の温かい石にベタッと静止します。
個体数は少なかったのですが、陽射しが強い時は、オスとメスの連結飛翔も見れました。

アキアカネ♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
わずかに動いていましたが、役目を終えたようで、体が沈みかけていました。


赤字には、オリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/

by ba-mf08 | 2016-10-15 21:20 | トンボ | Comments(0)