タグ:ムカシトンボ ( 2 ) タグの人気記事

2017/4/22(土)のフィールドワーク

今回は、2箇所のフィールドに行ってきました。


まずは、1箇所目。
現地には、7:00頃に到着。
到着時の気温は、12℃(気象庁発表)。
天候は、わずかに陽射しがある時もありましたが、概ね曇り。

このフィールドの探索対象は、「ムカシトンボ」の羽化。
4/16に、今季の初観察ができました。
羽化期間は、7~10日前後。
まだ、観察ができるかもしれないので、観察がしやすいポイントを探索しました。

4/16に羽化を観察したポイントでは、前回観察した羽化殻以外、見つける事ができませんでした。
目の届きにくいところで羽化しているのか、今年は羽化期間が長いのか・・・

4/16に羽化を観察できなかったポイントでは、羽化殻を3個発見。
更に、羽化中の1個体のメスを発見しました。
しかし、羽化中の個体は、翅が羽化不全でした。
おそらく飛び立てず、餌を摂る事ができず、残念ながら死んでしまうと思います。

ムカシトンボ♀①
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
f0376976_08142340.jpg

ムカシトンボ♀②  
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
f0376976_08152143.jpg

ムカシトンボ♀③
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
f0376976_08162283.jpg

このフィールドは、11:00頃に撤収しました。
撤収時の気温は、17℃(気象庁発表)。


次に、2箇所目。
現地には、13:00頃に到着。
到着時の気温は、17℃(気象庁発表)。
天候は、わずかに陽射しがある時もありましたが、概ね曇り。

このフィールドの探索対象は、「ホソミイトトンボ」。
当地は、最も訪問頻度が高いフィールドです。
3/19の観察を最後に、3/25・4/2・4/8に探索しましたが、観察できていません。
繁殖水域の周りは、だいぶ草が茂ってきました。
茂みに隠れているかもしれないので、草地を中心に探索しました。

草地に入ると、飛び立つ昆虫がいるのですが、ほとんどが「ガガンボ」・・・
飛び立つ昆虫を何度もココロが折れながら確認すると、明らかに「ガガンボ」よりも大きな昆虫を発見。
つ、ついに・・・!?

オツネントンボ♀①   
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
アレ・・・(汗)
しかし、このフィールドでは、本種はレア種。
ウレシイ誤算でした。
f0376976_10231991.jpg

更に探索すると、もう1個体発見しました。

オツネントンボ♀②
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

草の茂みの中に静止中で、ガサガサ近寄ったら逃げられそうなので、望遠レンズで狙いました。
草と草の間から狙いましたが、レンズの前に草が多く、脚と腹部先端に少し草が被ってしまいました。
f0376976_10235211.jpg

オツネントンボ♀③
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
望遠レンズでの記録撮影が済んだので、短い焦点距離のレンズでの撮影に変更。
近付く時に、多少飛ばれましたが、なんとか接近できました。
草と草の間にレンズを突っ込み、レンズの前に草が被らないところで撮影できました。
f0376976_10291555.jpg

結局、オツネントンボは、♀2個体を発見できました。

気を取り直して、「ホソミイトトンボ」の探索を続けました。
今度こそ、ついに・・・!!

ホソミイトトンボ越冬型♂①
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
すっかり、キレイなブルーに体色変化していました。
背景は気に入ってるのですが、風による被写体振れなのか、手振れなのか、少し振れています。
f0376976_11495174.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂②
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
振れ対策として、ISO感度とシャッター速度を上げて、写し止めました。
f0376976_11520489.jpg

更に2個体目の探索を続けましたが、突然、雨が降ってきたので撤収。
このフィールドは、15:00頃に撤収しました。
撤収時の気温は、17℃(気象庁発表)。


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

「PHOTOHITO」のムカシトンボの写真一覧は、コチラ
「PHOTOHITO」のホソミイトトンボの写真一覧は、コチラ
「PHOTOHITO」の夏型の写真一覧は、コチラ
「PHOTOHITO」の越冬型の写真一覧は、コチラ


by ba-mf08 | 2017-04-23 12:08 | トンボ | Comments(0)

2017/4/16(日)のフィールドワーク

前回、発見に至らなかった「ムカシトンボ」の羽化個体を探索しました。
フィールドは前回と同じ場所です。

現地には、6:30頃に到着。
到着時の気温は、12℃(気象庁発表)。
天候は晴れ。
羽化がよく見られるポイントは、まだ太陽光が差しておらず、少し肌寒かったです。

羽化の開始時間は、おおむね9:00を過ぎた頃に始まります。
前日の羽化居残り組がいるかもしれないので、早朝から探索しました。
いくつかの羽化ポイントを探索しましたが、羽化殻が全く見つかりませんでした。
前日に、このフィールドを馴染みの虫友さん虫友Fさんが探索しましたが、発見には至りませんでした。
前日はまだ羽化していなかったようです。

途中、馴染み虫友さんと虫友Fさんが、前日のリベンジ探索に来ました。
(この日の馴染みの虫友さんのブログの内容はコチラで、虫友Fさんのブログの内容はコチラです)
8:30を過ぎた頃から、いくつかの羽化ポイントに太陽光が差すようにをなりました。
太陽光が差すポイントを優先的に探索すると、9:15頃、ついに発見。
しかも、2頭のオスが羽化している最中でした。

ちなみに、このフィールドの昨年の羽化開始は、(確か・・・)4/10。
今年は、4/16。
約1週間のズレでした。

羽化期間は、7~10日前後なので、次週も観察できるかも知れません。
2~3週間後には、繁殖行動が始まります。
忙しい時期になりました。


以下、記録撮影分です。

ムカシトンボ♂
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
羽化殻から抜け出て、だんだん体が伸びてきました。
f0376976_22223724.jpg

ムカシトンボ♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(焦点距離12mm)
体色が、かなり出てきました。
広角側の焦点距離で撮影。
カメラを地面に置いて、なるべく空が入るように撮影しました。
f0376976_22232145.jpg

ムカシトンボ♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(焦点距離40mm)
体色が、かなり出てきました。
望遠側の焦点距離で撮影。
開放絞りで、背景をなるべくボカしました。
f0376976_22235396.jpg

ムカシトンボ♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(焦点距離40mm)
体色が、かなり出てきました。
絞り込んで望遠側の焦点距離で撮影。
背景は少し雑然としますが、解像度はマクロレンズ並になりました。
f0376976_19225848.jpg

ムカシトンボ♂
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
体色が、かなり出てきました。
OLYMPUS 12-40mmの望遠側で撮影した写真との撮り比べ。
開放絞りで、背景をなるべくボカしました。
f0376976_22242079.jpg

スミレ
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
ムカシトンボ探索の合間に撮影。
f0376976_22244245.jpg

このフィールドは、13:00頃に撤収しました。
撤収時の気温は、25℃(気象庁発表)。


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

「PHOTOHITO」のムカシトンボの写真一覧は、コチラ

by ba-mf08 | 2017-04-17 19:24 | トンボ | Comments(0)