タグ:ショウリョウバッタモドキ ( 3 ) タグの人気記事

2017/9/3(日)のフィールドワーク②

2017/9/3(日)のフィールドワーク①の続き
1箇所目のフィールドから引き続き、馴染みの虫友さんと探索しました。


2箇所目のフィールド
現地の滞在時間:10:30~12:30
到着時の気温:26℃(気象庁発表)
撤収時の気温:27℃(気象庁発表)
天候:晴ときどき曇
探索対象:キイトトンボ・アジアイトトンボ・アオイトトンボ

定期観察しているフィールドのひとつで、前回の訪問は9/2

前回の探索を参考に、今回の「キイトトンボ」「アジアイトトンボ」「アオイトトンボ」と、その他の状況
★気温が高かったからか、前回探索時より、観察できた「キイトトンボ」の個体数は多かった。
 ⇒活動期終盤だからか、ピーク時よりも個体数は少なかった。
★今回も少数ではあったが、「アジアイトトンボ」が観察できた。
★「アオイトトンボ」は、まだ水辺に戻ってきていなかった。
 ⇒今回の探索は、本種の探索が主目的。
  昨年は観察できたが、一昨年は観察できなかったフィールドなので、心配である。

キイトトンボ交尾態
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
f0376976_21545231.jpg

ショウリョウバッタモドキ
SONY α7Ⅱ
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
また、出会えました。
前回探索時よりも大きさが小さかったので、オスの個体かもしれません。
虫友さんに見せたかった昆虫です。
f0376976_21563266.jpg


以下、高感度の耐性の作例比較

ミルンヤンマ♂
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
ISO3200
f0376976_21581992.jpg

ミルンヤンマ♂
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
ISO3200
中央部トリミング
f0376976_21591138.jpg


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「PHOTOHITO」のキイトトンボの写真一覧は、コチラ

「PHOTOHITO」のショウリョウバッタモドキの写真一覧は、コチラ

by ba-mf08 | 2017-09-03 22:07 | トンボ | Comments(0)

2017/8/27(日)のフィールドワーク

現地の滞在時間:7:30~10:00
到着時の気温:25℃(気象庁発表)
撤収時の気温:29℃(気象庁発表)
天候:晴
探索対象:キイトトンボ・アジアイトトンボ・アオイトトンボ

定期観察しているフィールドのひとつで、前回の訪問は8/19

前回の探索を参考に、今回の「キイトトンボ」「アジアイトトンボ」「アオイトトンボ」と、その他の状況
★「キイトトンボ」は、ピークが過ぎたと思われるが、安定した個体数が観察できた。
★「アジアイトトンボ」は、今回は観察できた。
 ⇒かつて水が干上がっていて、降雨で水が溜まったエリアで観察できた。
  個体数が多い「キイトトンボ」に、追いやられて移動してきた可能性がある。
★「アオイトトンボ」は、まだ水辺に戻ってきていなかった。

ショウリョウバッタモドキ
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
(種名に誤りがありましたら御指摘下さい。)
近付くと、ジャンプして逃げずに、葉の裏にクルッと隠れます。
f0376976_20490525.jpg

アジアイトトンボ交尾態
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
細々と生き続けていて、なんだか嬉しくなりました。
f0376976_21283406.jpg

アジアイトトンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
羽化してから時間があまり経過していないため、翅が白っぽく、体色が出ていません。
f0376976_21291598.jpg

キイトトンボ♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0376976_21430498.jpg

キイトトンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
f0376976_21440438.jpg

キイトトンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
トンボのすぐ後ろの草が気になりますが、静止している草に水滴があったので良しとします。
f0376976_21460923.jpg

オオカマキリ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
開放絞り・最短距離で撮影。・・・ただ、それだけです。
f0376976_20493961.jpg


今回は、OLYMPUS機のみで撮影しました。
ついつい、大写しにできてしまう機材なので、対画面比率に注意して撮影しました。



赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「PHOTOHITO」のキイトトンボの写真一覧は、コチラ

「PHOTOHITO」のアジアイトトンボの写真一覧は、コチラ

「PHOTOHITO」のアオイトトンボの写真一覧は、コチラ

by ba-mf08 | 2017-08-29 21:54 | トンボ | Comments(0)

2017/8/6(日)のフィールドワーク

現地の滞在時間:7:30~9:00
到着時の気温:27℃(気象庁発表)
撤収時の気温:29℃(気象庁発表)
天候:曇ときどき晴
探索対象:キイトトンボ・アジアイトトンボ

定期観察しているフィールドのひとつで、前回の訪問は7/29

前回の探索を参考に、今回の「キイトトンボ」「アジアイトトンボ」と、その他の状況
★「キイトトンボ」は安定した個体数が観察できた。
 ⇒まだ、未熟個体も観察できた。
★前回同様、「アジアイトトンボ」は観察できなかった。
 ⇒定期観察している別のフィールドでは観察できている。
  「キイトトンボ」の影響があるのか、来年も要観察。
★度々、降雨があるようで、干上がりやすいエリアにも、水が溜まっていた。

キイトトンボ♂
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
成熟個体になると、翅胸部は緑色になり、腹部先端付近の背面側に黒条が出ます。
f0376976_20115519.jpg

キイトトンボ未熟個体♂
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
未熟個体なので、まだ翅胸部は緑色になっていません。
腹部先端の背面側の黒色も、成熟個体より薄い色です。
f0376976_20153941.jpg

キイトトンボ♀
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
成熟個体になると、翅胸部は緑色になります。
メスは、腹部が黄色のタイプと、緑色のタイプの2種類の個体がいます。
この個体は、緑色が濃いタイプ。
f0376976_20190684.jpg

キイトトンボ連結態
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
背景がゴチャゴチャしたところにか静止してくれず、満足できる写真は撮れませんでした。
とりあえずの記録写真です。
f0376976_20212113.jpg

以下、トンボ探索中に、脇道に逸れて撮影した分。

ベニシジミ
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
f0376976_20130854.jpg

ショウリョウバッタモドキ幼虫
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
(種名に誤りがありましたら御指摘下さい)
f0376976_20141561.jpg


草の茂みに潜り込んでの撮影では、雑然とした背景ばかり。
SONY 100mmSTFは、狙い通りのボケ方をしてくれた。



赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「PHOTOHITO」のキイトトンボの写真一覧は、コチラ

「PHOTOHITO」のベニシジミの写真一覧は、コチラ

by ba-mf08 | 2017-08-09 20:31 | トンボ | Comments(0)