タグ:コノシメトンボ ( 1 ) タグの人気記事

2016/10/15(土)のフィールドワーク

妻が遅めの夏休みが取れたので、一緒に紅葉撮影に出かけました。
当初は、知人にいろいろ教えて頂いた志賀高原か戸隠あたりに行く予定でしたが、今週は私めの「いつもの頭痛」が酷く、やむなく断念・・・
でも行きたいので近場の「赤城山」に行ってきました。
群馬県に位置する「赤城山」。
「赤城山」という山は実は無くて、大きな複数の火山体の名称です。

写真① 写真② 写真③ 写真④
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

色付き始めといった感じでした。


紅葉撮影をしながら、トンボがいないか、ついつい探してしまいました(汗)
太陽が当たる日向は気温が20℃近くまで上がりますが、日陰に入ると気温は15℃を下回ります。
トンボが活動するには難しい状況でしたが・・・

コノシメトンボ♂①
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
やや上からのアングルで撮影。
絞り込んでシャープネスを出しました。

コノシメトンボ♂②
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
地面スレスレからの撮影。
開放絞りで、背景を大きくボカしました。
普段使用しているOLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROよりも重さが軽いので、不安定な体勢でも撮影が楽チンでした。

コノシメトンボは、唯一、活動していた種類。
標高約1300~1400m、日中の気温約20~15℃、まだ頑張っていました。
もう寒いので枝先に静止すること無く、地面からの輻射熱を利用するため、地面の上の温かい石にベタッと静止します。
個体数は少なかったのですが、陽射しが強い時は、オスとメスの連結飛翔も見れました。

アキアカネ♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
わずかに動いていましたが、役目を終えたようで、体が沈みかけていました。


赤字には、オリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/

by ba-mf08 | 2016-10-15 21:20 | トンボ | Comments(0)