タグ:オトメツバキ ( 2 ) タグの人気記事

2017/11/1(水)の通勤前スナップ

我が家の玄関先にあるオトメツバキ。
少し早い気がしますが開花しました。

例年、この木は「チャドクガ」の幼虫によって食い荒らされます。
「チャドクガ」の毒針毛は、皮膚に付着すると、かぶれたり、アレルギー反応が出たりすることもあります。

昨年の今頃には発生しましたが、大家さんが薬を使って駆除しました。
落下した死骸を、ダンゴムシやカマドウマなどの「掃除屋さん」が食べに来ました。
ところが、死骸に殺虫成分が残っていたからか、「掃除屋さん」は全て死滅。

今年の春先にも発生しました。
この時は、個人的にガストーチを使用して、焼却しました。
根気がいりますが、見つけ次第、焼却しました。
焼却して落下した死骸を、「掃除屋さん」が食べても死ぬことはありませんでした。

本来、天敵のアシナガバチや様々な寄生蜂が「チャドクガ」の発生を抑えます。
しかし、都心などではアシナガバチは駆除の対象になってしまい、「チャドクガ」が猛威を振るってます。

そんな苦労(?)もあってか、今年の秋には「チャドクガ」が発生しませんでした。
食い荒らされることもなく、スクスクと成長。
無事に開花してくれました。

オトメツバキ
SONY α7Ⅱ
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
f0376976_20274208.jpg

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「PHOTOHITO」のオトメツバキの写真一覧は、コチラ

by ba-mf08 | 2017-11-01 21:09 | 植物 | Comments(0)

ストロボワーク

メインの被写体のトンボを撮影する時には、個人的にはストロボを多用しています。

逆光の時にトンボが陰らないようにしたり・・・
トンボの発色をキレイに見せたり・・・
飛んでいるトンボをストロボの閃光(瞬間光)で写し止めたり・・・

なかなか、使いこなしが難しいですが、イメージ通りに仕上がった時は格別です。

近接撮影の時に、普通にクリップオンストロボを使用すると、光の回り方が十分でなかったり、大きな影が落ちることが、しばしばあります。

参考作例を御紹介。

共通撮影データ
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO(
焦点距離12mm)
撮影距離:撮像素子面から約25~30cm
ISO感度:200
シャッター速度:1/125
絞り:4.0
カメラモード:マニュアル
被写体:オトメツバキ
三脚使用

ストロボなし
背景の明るさを基準に露出値を決定。
被写体の「オトメツバキ」は、生け垣の陰になっていて少し暗い。
間接光が良く回っているので、陰影がほとんどなく、柔らかい感じになった。

ストロボあり(クリップオンストロボ使用)
上からの光源なので、若干、葉がテカり、花の陰影がやや強い。
ストロボディフューザーを使用しているので、ストロボ光が拡散されて、少し柔らかい感じになった。

ストロボあり(ストロボ2灯使用)
ディフューザーを使用し、レンズの前玉近くからの発光。
被写体の「オトメツバキ」がやや右寄りの配置の構図の為、光量比を左2:右1に設定。
左側のストロボを、やや左斜め下にして、右側のストロボをもう少し右寄りにしたら、さらに影が薄くなったかもしれない。

被写体との撮影距離が離れた時はクリップオンストロボ、撮影距離が近い時は多灯ストロボ、という風に使い分けてます。

御参考まで・・・


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


by ba-mf08 | 2017-01-02 18:47 | 作例比較 | Comments(0)