2017/12/25(月)のネコ吉

最近は、なんとか、コッソリ撮影できてます。

カメラから音が出ない設定「静音モード」のお陰です。

いつもの様に、そ~~~っと近付いて撮影。

ネコ吉
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_16172387.jpg

ガスストーブの前で、グッスリ寝ています。

さらに寄って撮影。

ネコ吉
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_16262099.jpg

あれ!?

気付かれた・・・(汗)

最近はコッソリ撮れてたので、アプローチが雑になり、音をたててしまったようです。

そして、妻の元へ逃げて行きました。

ネコ吉
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_16311921.jpg

逃げた先でも寝るのね・・・

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

「ネコ吉」とは・・・
我が家に頻繁に訪れるオスの「さくらねこ」を、いつからか勝手に「ネコ吉」と呼んでいます。
「さくらねこ」とは、地域のボランティアによって避妊・去勢手術が済んだ「地域猫」です。
その証として、耳の一部をサクラの花びらの形にカットされています。
オスは右耳、メスは左耳がカットされています。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「PHOTOHITO」のさくらねこ(ネコ吉含む)の写真一覧は、コチラ

# by ba-mf08 | 2017-12-30 16:35 | ネコ | Comments(0)

2017/12/29(金)のフィールドワーク

現地の滞在時間:9:00~12:00
到着時の気温:4℃(気象庁発表)
撤収時の気温:10℃(気象庁発表)
天候:晴
探索対象:ホソミイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は
12/23

前回の探索を参考に、今回の「ホソミイトトンボ」と、その他の状況
★今回、観察できた「ホソミイトトンボ」は、3個体。
★11/19より観察できてるチャノキでは、引き続き、2個体が観察できた。
・前回観察時と、場所が殆ど変わっていなかった。
★12/9より樹上で観察できた個体は、いなくなっていた。
・隣の柑橘系の樹木の枝で観察できたが、同一個体かは不明。
・柑橘系の枝に引っかかっていた、別の木の折れた枝に静止していた。
・風が吹くと揺れていたので、長期滞在は難しいかもしれない。
★木漏れ日の差すタケの枝で観察できた個体は、いなくなっていた。
・やや風が抜ける場所だったので、移動したのかもしれない。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

昨日で、今年の仕事納め。
忘年会も昨日だったので、少し疲れました。
事前に調べた、12/29のフィールドの日の出時刻の気温を調べたら、-2℃の予報。
そういうこともあり、今回は少し遅めに現地入りしました。

まずは、前回観察できたポイントへ向かいました。
いつもの様に、途中の怪しそうなポイントを探索するも、見つかりません。
代わりに見つかったのは・・・

ウラギンシジミ
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
短い焦点距離のレンズで、越冬環境も含めて撮影。
こういう時は、広角マクロ撮影だなぁと、帰宅してから後悔しました。
f0376976_17174917.jpg

この場所は、地域住民の車が時々通過します。
そのためか、来る度に、静止場所が変わっています。

「ホソミイトトンボ」が観察できてるポイントに到着。
前回観察できた個体が、まだいるか確認しました。
チャノキにいた2個体は健在。
樹上の個体とタケの枝にいた個体は、いなくなっていました。

チャノキにいる2個体は、ゴチャゴチャしたところに潜っています。
撮影しにくい場所なので、とりあえず、別個体を探索することにしました。

まずは、前回観察できた、タケの枝の周囲を探索。
・・・いませんね。

次に、前回観察できた樹上の枝の周囲を探索。
すると、1mほど隣の樹上の枝で発見。
ただ、折れて飛んできた、引っかかった枝に静止していました。
少しの風が吹くだけで揺れる、不安定な場所。
次回の訪問時には、おそらく移動してるかもしれません。

背景の抜けが良いので、気に入った写真が撮れそうです。
この個体を撮影することにしました。

発見時、コチラの気配を察知して、すぐに枝の上で回転回避。
余計なストレスを与えないように、遠くから300mm/f4.0の望遠レンズで撮影しました。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
やや大写し気味で撮影。
f0376976_18251786.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
少し引いて、静止している枝を、多めに入れ込んで撮影。
f0376976_18471582.jpg

少し寄ってみたら、警戒されていないようでした。
今度は、40-150mm/f2.8の望遠ズームレンズで撮影しました。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
静止している枝全体を入れ込んで撮影。
f0376976_19051083.jpg

さらに、少し寄ってみたら、まだ警戒されていないようでした。
今度は、45mm/1.2のレンズで撮影しました。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
このレンズの最短距離付近で撮影。
f0376976_19231422.jpg

この個体で、たくさん撮影できたので、チャノキの個体を見てみました。
到着時より、撮影がしやすい位置に移動してたので、撮影しました。

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
このレンズの最短距離付近で撮影。
枝の間から狙いました。
ゴチャゴチャしたところですが、だいぶ前景・背景がボケてくれました。
f0376976_20135873.jpg

帰り道に、いくつかのポイントを見て回りましたが、いませんでした。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「ホソミイトトンボ」の発生状況・形態の投稿内容は、コチラ
「ホソミイトトンボ」の交尾・産卵の投稿内容は、コチラ
「PHOTOHITO」のホソミイトトンボの写真一覧は、コチラ

「PHOTOHITO」のウラギンシジミの写真一覧は、コチラ

# by ba-mf08 | 2017-12-29 20:24 | トンボ | Comments(0)