2018/1/3(水)のフィールドワーク

現地の滞在時間:7:30~10:30
到着時の気温:-1℃(気象庁発表)
撤収時の気温:7℃(気象庁発表)
天候:晴
探索対象:ホソミイトトンボ

定期観察しているフィールドで、前回の訪問は
12/29

前回の探索を参考に、今回の「ホソミイトトンボ」と、その他の状況
★今回、観察できた「ホソミイトトンボ」は、4個体。
★11/19より観察できてるチャノキでは、引き続き、2個体(♂♀×各1)が観察できた。
・前回観察時と、場所が殆ど変わっていなかった。
★12/29に、柑橘系の樹木で観察できた個体(♂)は、まだ残っていた。
・前回観察時と、場所が殆ど変わっていなかった。
★12/23に観察できた、タケの枝で近くで見つかった。
・12/23に観察した個体(♂)が移動したと思ったが、別の個体(♀)だった。
★風が強く吹いていたが、越冬ポイントは、風が和らぐ場所だった。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

まずは、前回観察できたポイントへ向かいました。

チャノキで観察できてる2個体は、変わらず健在。
静止している場所も、ほとんど変わっていませんでした。

柑橘系の樹木で観察できた個体も、同じく健在。
不安定な揺れる枝でしたが、残ってました。

とりあえず、撮影の準備を始めました。

まずは、チャノキで観察できてる、オスの個体から撮影。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
f0376976_18515253.jpg
まだ、陽が射していませんでしたが、太陽の方角に体の側面を向けていました。

しばらく観察していたら、木漏れ日ですが、陽が射すようになりました。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
f0376976_18523850.jpg
太陽の光を浴びると、途端に活性が高くなります。
茎の上で盛んに回転回避していました。

次に、チャノキで観察できてる、メスの個体を撮影。

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_18553180.jpg
ゴチャゴチャしたところに潜り込んでるので、真横から体全体を捉えられませんでした。

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_18583746.jpg
静止している環境を、多めに入れ込んで撮影。
ただ、このレンズでの最短距離近くでの撮影なので、コレ以上は大写しにはできません。

次に、柑橘系の樹木で観察できてる個体を撮影。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
f0376976_18530490.jpg
周囲は、強い風が吹いていました。
樹上の木々の枝は、ぶつかり合っていました。
静止していた枝は、激しく揺れることはありませんでした。

約1時間ほど撮影したので、本格的に別個体を探索することにしました。

まずは、12/23に観察できたタケの周辺を探索。
不思議なことに、すぐに見つかりました。
12/29に観察できなかった個体が、移動したのだと思いました。
しかし、よく観察すると、メスの個体でした。
12/23に観察したのは、オスの個体でした。
見落としてたのか、新たにやって来たのか、・・・

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_19030532.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO
f0376976_19034142.jpg
元々、やや風が抜ける場所なのに、ツル植物の茎に静止してました。
12/29に観察できなかったように、この個体も移動する可能性があります。

かなり細かく探索したためか、目がかなり疲れました。
頭痛が出そうだったので、早めに撤収しました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「ホソミイトトンボ」の発生状況・形態の投稿内容は、コチラ
「ホソミイトトンボ」の交尾・産卵の投稿内容は、コチラ
「PHOTOHITO」のホソミイトトンボの写真一覧は、コチラ

# by ba-mf08 | 2018-01-03 19:05 | トンボ | Comments(0)

2018/1/2(火)のスナップ

昨日の撮影後、体調を崩したので早めに寝ました。
いつものトンボ探索では、寒くても動き回ってるので、寒くはないです。
昨日は、三脚をセットして、ほとんど動かなかったので、体が冷え切ったようです。
朝になったら、すっかり回復しました。

大事を取ってトンボ探索は断念。
代わりに、昨日の公園で撮影することにしました。
今回は三脚を持参せず、体が冷えないように動き回ることにしました。

今回の目的は、セミの羽化殻を見つけることです。
いつもは大晦日に、この公園でセミの羽化殻を撮影しています。
(2016年の大晦日の投稿内容は、コチラ。)
2017年の大晦日は「ネコ吉」の相手をしていたので、出かけられませんでした。

セミの羽化殻が、多く残っているポイントへ向かう途中、風景を撮影しました。

ベンチ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
ストレートにRAW現像しましたが、シャドーの階調は、ちゃんと残ってました。
f0376976_16140973.jpg


OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
カモが、良いタイミングで通り過ぎてくれました。
f0376976_16153851.jpg

本命のセミの羽化殻探しへ向かいました。

セミの羽化殻
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
このレンズの開放絞り・最短距離で撮影。
f0376976_16192643.jpg

セミの羽化殻
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
KOWA PROMINAR 8.5mm F2.8
この写真も、開放絞り・最短距離で撮影。
f0376976_16233769.jpg

超広角レンズなので、背景のボケは期待できません。
奥行き感がある背景が求められますが、なかなか、そうは行きませんね。

とりあえずの目的は達成できました。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「PHOTOHITO」のセミの写真一覧は、コチラ

# by ba-mf08 | 2018-01-02 16:30 | 風景 | Comments(0)