レンズ検証(OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO)

気になっているレンズがあり、カメラ売り場で試写しました。
被写体は、メイン被写体のトンボの大きさに近い約5cm(頭から尻尾までの長さ)。

作例比較①
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO
開放絞りで、最短距離で撮影。

作例比較②
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO
少し引いた構図で撮影。

スペックでは、最大撮影倍率は0.11倍。
ほぼ同じ最大撮影倍率0.1倍の「OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」では、ココまで大きく写りません。
同じような事が、「OLYMPUSM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」と、
「OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」の焦点距離12mmでも同様です。
「M.ZUIKO PRO」シリーズは、公表スペックより、もう少し寄れる寄れる仕様みたいです。

トンボを生息環境と一緒に写し込むのに、広角レンズが適材だと思います。
背景が写り過ぎて生息地が知れてしまう可能性があるので、好んで使用していません。
「OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」だと、自分には合うかな、と・・・

妄想は続きます・・・


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。




# by ba-mf08 | 2017-03-12 16:04 | 作例比較 | Comments(0)

2017/3/11(土)のフィールドワーク

「ホソミイトトンボ」の定期観察をするために、いつものフィールドに行ってきました。

補足
第1ポイント・・・最初に越冬態♂を見つけたところ。1/9に発見したが、1/27に飛び去ってしまった。
第2ポイント・・・2番目に越冬態♂を見つけたところ。1/15に発見・観察したのみ。
第3ポイント・・・3番目に越冬態♂を見つけたところ。1/21に発見し、2/25には発見できず。
第4ポイント・・・4番目に越冬態♀を見つけたところ。2/4に発見し、2/25には発見できず、3/5に再発見。
第5ポイント・・・5番目に越冬態♀を発見したところ。2/4に発見・観察したのみ。

前回の3/5の探索で、第4ポイントにて再発見。
気温が高かかった日に多少の移動くらいで、まだ本格的な活動期では無い様子。
前回の観察の時には、体色もまだ無し。

現地には、午前7:00頃に到着。
到着時の気温は、3℃(気象庁発表)。
天候は、ドンヨリとした曇り。
風もやや吹いており、寒さを感じました。


今回は、15時に新宿に用事があるので、前回の探索で再発見できた「第4ポイント」のみを探索。
「第4ポイント」がある林内は、さらに一層寒さを感じました。
この一週間は、寒さで活動できる体温にならなかったのか、前回と同じ枝にいました。
体色変化も全く無し。

10時頃になると晴れてきて、林内にも木漏れ日が差すようになりました。
しかし、林内では暖かさを感じる事ができませんでした。
木漏れ日がトンボに当たると、効率良く当たるように向きを変えます。
枝の上を多少は移動するものの、今回は飛び立つ事はありませんでした。
現状、前回の観察時と変化は無し。


以下、記録撮影した分です。

ホソミイトトンボ♀越冬態
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

やや空側に体の側面を向けており、300mmレンズでは体の真横から撮れませんでした。
(真横を撮影するためには、高さ180cmくらいから狙う必要がありました。)
背景に光がほとんど差し込んでいない状況。
ISO1600で、できるだけ背景を明るくしました。

ホソミイトトンボ♀越冬態①  ホソミイトトンボ♀越冬態②
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

300mmレンズより最短撮影距離が短いので、上から狙えて、体の真横から撮影できました。
光の差し加減で、背景の色合いが様々に変化します。

ホソミイトトンボ♀越冬態
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8

焦点距離が短いので、被写界深度が深く、開放絞りで撮影できました。
丸ボケも、望遠レンズよりも小さくなります。


今回は、11:00頃に撤収しました。
撤収時の気温は、8℃(気象庁発表)。


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

「PHOTOHITO」のホソミイトトンボの写真一覧は、コチラ
「PHOTOHITO」の夏型の写真一覧は、コチラ
「PHOTOHITO」の越冬型の写真一覧は、コチラ




# by ba-mf08 | 2017-03-11 22:55 | トンボ | Comments(0)