<   2016年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2016/12/31(土)のフィールドワーク

2016年最後のフィールドワークは、自宅近くのトンボのフィールドでお散歩スナップしました。
昨年の大晦日の日も、同じ場所でお散歩スナップをしました。
その時は、まだ残っていたセミの抜け殻を、なんだかたくさん撮影しました。

昨年撮影分のセミの抜け殻
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
開放絞りで、STEP1で8枚フォーカスブラケットした写真を、Adobe Lightroom CCでRAW現像し、Adobe Photoshop CCで深度合成しました。

せっかくなので、今年もセミの抜け殻を物色しました。
また今回は、多灯ストロボ(2灯)撮影の練習も兼ねてます。

セミの抜け殻
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8
標準ズームレンズの望遠側で撮影。
丸ボケを狙いました。
ストロボ位置は、下側と右側。

セミの抜け殻
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8
標準ズームレンズの望遠側で撮影。
真横から狙いました。
ストロボ位置は、下側と右側。

セミの抜け殻
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8
標準ズームレンズの広角側の焦点距離を使用し、ほぼ最短距離(撮像素子面から約20cm)で撮影。
地面に対して、ほぼ平行のカメラ位置で、奥行き感が出るように撮影。
ストロボ位置は、下側と左側。

セミの抜け殻
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8
標準ズームレンズの広角側で撮影。
少し見上げた構図にしました。
ストロボ位置は、下側と左側。

セミの抜け殻
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8
標準ズームレンズの広角側で撮影。
縦構図で、少し見上げた構図にしました。
ストロボ位置は、下側と左側。

最後に・・・
落ち葉
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
標準ズームレンズの広角側で撮影。


PHOTOHITO」や「facebook」からお越し頂き、私の拙い写真・ブログを、いつも閲覧して頂き、ありがとうございます(^^)
2017年も精進しますので、よろしくお願いします。


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。



by ba-mf08 | 2016-12-31 19:38 | 風景 | Comments(0)

2016/12/29(木)のフィールドワーク

2016/12/23(金)のフィールドワークが、ちょっと不完全燃焼だったので、同じフィールドを訪れました。

現地には午前8時頃に到着。
到着したら、馴染みの虫友さんも来ていました。
(馴染みの虫友さんのこの日の投稿内容は、コチラ
到着時の気温は2℃で湿度は84%(気象庁発表)。
非常に寒い朝でした。
今回の撮影対象の越冬中の「ホソミオツネントンボ」は、寒さのため活性が低く、ほとんど動かないです。
ほとんど太陽が出ることもなく、フィールドを撤収する11時頃の気温は7℃で湿度は72%(気象庁発表)。
三脚をセットして、終始じっくり撮影を楽しみました。

ホソミオツネントンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
木に寄り掛かり、下から見上げるような構図にして、木の奥行き感を出してみました。

ホソミオツネントンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
STEP1で15枚フォーカスブラケットした写真を、Adobe Lightroom CCでRAW現像し、Adobe Photoshop CCで深度合成。
トンボの体全体にピントが合う真横から構図は、枝が邪魔でポジションが取れませんでした。
それでも、やや横からの構図を見つけてましたが、絞り込まないとトンボの体全体にピントが合いません。
そこで、フォーカスブラケットモードに切り替えて撮影。
開放絞りで背景をボカしつつ、トンボの体全体にピントを合わせました。

ホソミオツネントンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
STEP1で15枚フォーカスブラケットした写真を、Adobe Lightroom CCでRAW現像し、Adobe Photoshop CCで深度合成。
茶色の背景を選び、画面を同系色にしました。

ホソミオツネントンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
STEP1で15枚フォーカスブラケットした写真を、Adobe Lightroom CCでRAW現像し、Adobe Photoshop CCで深度合成。
白い背景を選び、画面を明るいイメージにしました。
また、一瞬ですが太陽が出てきてコントラストが強くなり、やや逆光気味でトンボが暗くなったので、ストロボを併用しました。

ホソミオツネントンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
気温が低く、ほとんど動くことが無いのですが、人の気配が嫌なのか、時々わずかに動きます。
その時、たまたま体の側面から狙えたカットです。



赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。




by ba-mf08 | 2016-12-29 23:08 | トンボ | Comments(0)

なぜか・・・

外付けハードディスクの中を整理していたら、特定のフォルダーのLightroomの「カタログ」が壊れたようで・・・
(「Adobe Photoshop Lightroom」ユーザーでないとわかりにくい文章かもしれません。)
せっかくなんで、再現像してみました。


ネコ吉
SONY α7Ⅱ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

ネコ吉
SONY α7Ⅱ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

ネコ吉
SONY α7Ⅱ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS


フルサイズで高感度撮影。
モノクロ化したこともあり、ノイズがあまり目立たないと思います。


我が家に頻繁に訪れるオスの「さくらねこ」を、いつからか勝手に「ネコ吉」と呼んでいます。
「さくらねこ」とは、地域のボランティアによって避妊・去勢手術が済んだ「地域猫」です。
その証として、耳の一部をサクラの花びらの形にカットされています。
オスは右耳、メスは左耳がカットされています。
https://www.doubutukikin.or.jp/activity/campaign/story


・・・でも、なんで、「カタログ」が壊れたのかは、不明です。


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


by ba-mf08 | 2016-12-29 15:30 | ネコ | Comments(0)

フィールドワークから帰ると・・・

フィールドワークから帰ってきて、車から降りると、どこからともなく「ネコ吉」が走り寄ってきました。

我が家に頻繁に訪れるオスの「さくらねこ」を、いつからか勝手に「ネコ吉」と呼んでいます。
「さくらねこ」とは、地域のボランティアによって避妊・去勢手術が済んだ「地域猫」です。
その証として、耳の一部をサクラの花びらの形にカットされています。
オスは右耳、メスは左耳がカットされています。
https://www.doubutukikin.or.jp/activity/campaign/story

車種がわかるのか、何故か、他の車には寄っていきません。
不思議です・・・

外で甘えて満足したら、家に入ってきてゴハンを催促。
ゴハンを食べて満足したら、(人間の)ベッドで寝てしまいました。

白いレースのカーテン越しに柔らかい光が入ってきて、雰囲気が良かったので撮影してみました。
ちなみにネコ吉はカメラが嫌いで、シャッター音がしないカメラのモード(静音モード)にして、望遠レンズで撮影しないと撮らせてくれません。
ネコ吉(モノクロ)
ネコ吉(カラー)
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
ISO6400にしては、なかなかだと思います。
個人的見解なので、御参考まで・・・


過去撮影分のお気に入りのネコ吉
Nikon D600
Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


by ba-mf08 | 2016-12-25 20:52 | ネコ | Comments(0)

2016/12/25(日)のフィールドワーク

定期観察している「ホソミイトトンボ」の様子を確認するために、いつものフィールドに行ってきました。

現地には午前9時頃に到着。
到着時の気温は約6℃で湿度は66%(気象庁発表)。
天気予報では、晴れとなっていましたが、どんより曇っていました。
待ち合わせの予定はしていなかったのですが、馴染みの虫友さんがすでに観察中でした。
(馴染みの虫友さんのこの日の投稿内容は、コチラ
この状況で見つける事ができたら、見事「越冬態」の状態なんですが、見つける事ができず、連敗中です。


「ホソミイトトンボ」がいそうな、陽当りが良い所を探していると・・・
ウラギンシジミ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
葉の影でチョウが少し暗かったので、ストロボを弱く当ててます。

以前ココに来た時に、「ムラサキシジミ」がたくさんいました。
成虫越冬種のチョウにとっては、居心地の良い場所のようです。


なかなか、撮影したくなる被写体がいなかったので、以前見つけたカビに侵された「カミキリムシ」を観察。
以前の時と比べて何も変化はなかったです。
以前は300mmレンズで撮影しましたが、今回は別のレンズで撮影してみました。

カミキリムシ(12/10撮影)
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
ストロボ使用

カミキリムシ①
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
ストロボ使用
虫友さんのレンズをお借りして撮影。

カミキリムシ②
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
ストロボ使用

望遠レンズでの撮影なら、通常のクリップオンストロボで問題なさそうですが、
マクロレンズで近距離での撮影となると、マクロストロボが欲しくなってしまいます。


そして、ココロが折れて、つい・・・
飛行機
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
なんとなく撮影したのですが、拡大表示すると、なかなかの解像力です。


昼近くには、陽射しが出てきたので、アキアカネを探しをしましたが、いませんでした。
さすがに今年は、もう終わりのようです。



赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。





by ba-mf08 | 2016-12-25 20:10 | トンボ | Comments(0)

2016/12/23(金)のフィールドワーク

気温が高かったのですが、前日の雨の影響で湿度が高く、越冬期の「ホソミイトトンボ」は湿度を嫌う傾向なので、いつもの「ホソミイトトンボ」の定期観察はやめました。

馴染みの虫友さんがこの時期に頻繁に観察しているフィールドに、成虫越冬種の「ホソミオツネントンボ」が集まり出してると聞いていたので、早速訪問しました。
ちなみに私が前回、このフィールドで観察したのは、今年の1/3です。
朝から気温が高く、トンボの活性も高いと予想していたので、この時期にしては早い時間から行動開始。
(馴染みの虫友さんのこの日の投稿内容は、コチラ

現地には午前8時頃に到着。
到着時の気温は14℃で湿度は78%(気象庁発表)。
この時期にしては、少し蒸し暑く感じました。
すでに、馴染みの虫友さんは観察を始めていました。
まだ到着時は、トンボの活性も上がりきっていなかったので、三脚をセットして、じっくり撮影を楽しみました。

ホソミオツネントンボ♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
オスは、この個体しか観察できませんでした。

ホソミオツネントンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
背景が抜けたところに静止しており、望遠レンズで撮影したので、キレイに背景がボケました。
太陽光が当たっていなかったので、コントラストが弱い早朝のイメージに仕上がりました。

ホソミオツネントンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
静止している枝全体が入るように、少し引いた構図にしました。
逆光で撮影なので、ストロボを弱く当ててます。

ホソミオツネントンボ♀①  ホソミオツネントンボ♀②
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
①の写真はストロボ発光なし、②の写真はストロボ発光ありです。
好みが分かれますが、ストロボを弱く当てると、微妙ですがトンボの複眼の輝き方が変わります。
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できます。

ホソミオツネントンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
さらに近付いて、広角マクロ撮影してみましたが、この1枚を撮影した後、飛び去りました。
9:30頃には、かなりトンボの活性が上がっていて、10:00頃には、ほとんどの個体がどこかに飛び去っていました。


以下、今年の1/3に、このフィールドで観察した「ホソミオツネントンボ」を少しだけ御紹介。

ホソミオツネントンボ
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
枝に擬態して静止している個体を、顔の正面から撮影。
樹の幹に体を押し当てて、手持ちで深度合成撮影。
60mmマクロで絞り開放、STEP1で8枚フォーカスブラケットした写真を、Adobe Lightroom CCでRAW現像し、Adobe Photoshop CCで深度合成しました。
縦構図にトリミング

ホソミオツネントンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO
この写真は気に入った雰囲気で撮影できましたが、基本的に広角マクロ撮影は苦手です。



赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。

by ba-mf08 | 2016-12-23 19:44 | トンボ | Comments(0)

ココロが折れると・・・

この時期、成虫越冬種のトンボがなかなか見つからないと、ココロが折れていつの間にかいろんなものを撮っています。
過去にも同じようなものを撮っていて、少しまとまったので作例紹介。


ツチイナゴ①
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

ツチイナゴ②
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

卵で越冬することが多いバッタ類ですが、ツチイナゴは成虫越冬種で、周りの環境に紛れるため体色は褐色です。
幼虫は緑色ですが、稀に褐色型もいるそうです。


雪①
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

雪②
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

雪景色は、なかなか「物」にできませぬ・・・


霜①
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

霜②
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

霜③
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

霜④
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

霜⑤
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

霜は朝早くが勝負なので、起きれさえずればチャンスは増えます。


落ち葉①
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

落ち葉②
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
OLYMPUS マクロコンバーター MCON-P02

落ち葉③
OLYMPUS OM-D E-M1
SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

落ち葉も、目を向けると、なかなか奥深いです。


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。










by ba-mf08 | 2016-12-19 21:55 | 風景 | Comments(0)

2016/12/17(土)のフィールドワーク

定期観察している「ホソミイトトンボ」の様子を確認するために、いつものフィールドに行ってきました。

現地には午前10時頃に到着。
到着時の気温は約7℃(気象庁発表)。
先週と比べて、陽射しはタップリ、ほぼ無風、期待できそうな天候。

でも、ダメでした、なんでや・・・(泣)

正午近くには、約10℃を超える気温が上がったのですが、見つける事ができませんでした。

「ホソミイトトンボ」ばかりを探してると、シャッターを一度も押さずに終わりそうだったので、
今回は、いろいろ物色しながら撮影しました。

霜①
霜②
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
冷え込んだ朝だったので、日陰は辺り一面が霜だらけでした。

サザンカ
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
(ツバキであるようなら御指摘下さい。)
山の斜面の日陰で咲いていました。
日陰の間接光なので、青っぽく印象的な感じになりました。
(オートホワイトバランスは使用していません。)

トビ
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
構図的に右側を開けたかったので、少しトリミングをしてます。


正午近くには気温が上がってきたので、アキアカネ探しに変更。

アキアカネ♂①
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
いつも横からのアングルばかりなので、たまには正面から撮影しました。
左後ろからの半逆光だったので、ストロボを弱く当ててシャドーを起こしてます。

アキアカネ♂②
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
よく見ると、糞を出してる最中でした。

アキアカネ♂③
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
水面のキラメキが、丸ボケになるように、逆光で撮影。
ストロボを弱く当ててシャドーを起こしてます。
やや背景が雑然としていますが、気に入った写真になりました。

年越しアカネは、いまだに見たことがありません。
今年はどうでしょうか・・・
(ちなみに、最も遅く見れた個人的な記録は、2015/12/27のマユタテアカネです。)


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


by ba-mf08 | 2016-12-17 21:56 | トンボ | Comments(0)

2016/12/12(月)の通勤スナップ

冬になると、撮影対象のトンボが減ってしまい、成虫越冬種のトンボでさえ、なかなか見つかりません。
さすがに平日は、トンボ探しができないので、通勤時にスナップ撮影してみました。

写真①
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
逆光で、ゴーストをわざと出すようにして、撮ってみました。

写真②
写真③
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
モノクロ現像で、ノイズを誇張して、フィルムっぽくしてみました。

お目当てのトンボである「ホソミイトトンボ」がなかなか見つからないと、ついつい、こういう写真を撮ってしまいます。


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


by ba-mf08 | 2016-12-15 22:14 | 風景 | Comments(0)

2016/12/10(土)のフィールドワーク②

定期観察している「ホソミイトトンボ」は観察できなかったので、出会えた別の昆虫を撮影しました。

陽当りの良いポイントには、盛んに翅を広げて日光浴をするチョウがいました。
ムラサキシジミ①
ムラサキシジミ②
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
ムラサキツバメも、ついつい探してしまいました(汗)

草むらをガサガサしながら歩いていると・・・
ツチイナゴ
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
草むらに分け入ると驚いて飛び出てくるのですが、着地地点をよく見ておかないと、気付かずにまた飛ばれてしまいます。
成虫越冬種で、周りの環境に紛れるため体色は褐色です。幼虫は緑色ですが、稀に褐色型もいるそうです。

湿度が保たれていそうな樹木の幹には・・・
冬虫夏草・・・?
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
ストロボ使用
「冬虫夏草」発見!!・・・って思ったんですが、よく見ると、子実体が無いので、おそらくはカビなどの「菌」に侵されたと思います。
厳密には「冬虫夏草」もキノコの一種なので、「菌」です。


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。





by ba-mf08 | 2016-12-10 23:16 | チョウ | Comments(0)