カテゴリ:昆虫( 1 )

2017/1/8(日)のフィールドワーク

定期観察している「ホソミイトトンボ」の様子を確認するために、いつものフィールドに行ってきました。

2016/12/4の観察を最後に、プッツリと姿を消してしまいました。
同じ成虫越冬種である有名な「ホソミオツネントンボ」と違い、「ホソミイトトンボ」」の越冬については、あまり知られていません。
完全に越冬モードになっているので、かなり見つけるのが困難な状況です。

現地には午前9時頃に到着。
到着時の気温は4℃で湿度は86%(気象庁発表)。
天候は曇り。
ちなみに、フィールドを撤収する前後の正午の気温は7℃で湿度は70%(気象庁発表)。

今回は、最後に見たポイントを中心に探しました。
(繁殖水域に隣接する山を上がったポイントと繁殖水域近くのアシ原)
前回最後に見た時は、陽射しがあったこともあり、広く見渡しての捜索でした。
今回は、太陽が出ていたら日向になるポイントを、目を凝らして捜索しました。

まずは、繁殖水域に隣接する山を上がったポイントを捜索。
1時間捜索したが、見つからず・・・


ココに来る度に出会える、カビに侵されたカミキリムシのその後の様子を観察。

カミキリムシ
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8(光量比 左1:右下8)
前回はクリップオンストロボを使用して撮影しましたが、今回はマクロ撮影用ストロボを使用。
今までよりも、まんべんなく光が回っていて満足の仕上がり。


次は、繁殖水域近くのアシ原を捜索。
ココは少し広いので2時間捜索したが、またしても見つからず・・・


その代わり、別なものを発見。

モズのはやにえ(カエル)
モズのはやにえ(ドジョウ)
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
だいぶ干からびているが、本当にあとで食べるんだろうか・・・

ホンドカヤネズミの巣
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
鳥の巣かと思い、入り口から指を入れて確認したが、卵の殻は見当たらず・・・
おそらくは「カヤネズミ」の巣と思われます。
今回は、2球発見しました。
カヤネズミは、日本で最小のネズミで、絶滅が心配されています。
イネ科の葉を利用して球状の巣を作ります。
巣の入口の大きさは、直径で500玉硬化くらいでした。
バッタやイナゴなど昆虫や、イネ科植物の種子を食べます。
近年の調査では、イネの種子はほとんど食べないことがわかったようです。


結局、3時間の捜索で、「ホソミイトトンボ」の越冬態は見つからず・・・
帰る途中に、地衣類がたくさん生えているポイントがありました。
この地衣類に擬態している昆虫がいるので、探すと・・・

コマダラウスバカゲロウの幼虫
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8(光量比 左1:右1)
STEP1で15枚フォーカスブラケットした写真を、Adobe Lightroom CCでRAW現像し、Adobe Photoshop CCで深度合成。
いわゆる「アリジゴク」なんですが、本種は砂地にすり鉢状の巣は作らず、地衣類を体に付けて擬態して、餌の獲物の待ち続けます。


本命の「ホソミイトトンボ」の越冬態の発見は、いつになるやら・・・


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。






by ba-mf08 | 2017-01-08 21:11 | 昆虫 | Comments(0)