カテゴリ:風景( 9 )

2017/10/14(土)のフィールドワーク

妻が遅めの夏休みが取れたので、一緒に紅葉撮影に出かけました。

昨年は、わりと近場の群馬県に位置する「赤城山」に行ってきました。
ちなみに「赤城山」という山は実は無くて、大きな複数の火山体の名称です。

今年は、「戸隠」へ行きました。
「戸隠」は、2016年6月と2013年9月に訪問し、紅葉撮影では初めての訪問です。
現地に到着するまでは、雨が降り続けていましたが、到着時は止んでくれました。

一路、お目当てのポイントに向けて森の中に入りました。

小さな紅葉
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
焦点距離 40mm
500円硬化くらいの小さな葉でした。
背景をボカして、被写体の被写界深度を稼ぎたいので、フォーカスブラケット撮影して深度合成。
ほぼ狙い通りの写真になりました。
f0376976_14410155.jpg

キノコ
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
焦点距離 12mm
木の切り株から伸びていました。
開放絞りでフォーカスブラケット撮影した写真を深度合成。
焦点距離は短いですが、開放絞りで撮影したので、背景はそれなりにボケてくれます。
被写体のキノコは、深度合成によって被写界深度が深くなりました。
f0376976_14261216.jpg

森を抜けて、ようやくお目当てのポイントに到着。
天候が回復しておらず、遠方の山は見る事ができませんでした。

鏡池
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
焦点距離 34mm
霧が良い雰囲気でした。
三脚をしっかりとセットして、ハイレゾショット撮影しました。
f0376976_15085892.jpg

撮影しているうちに、霧がだんだん減ってきました。

鏡池
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
焦点距離 52mm
望遠レンズで、紅葉がキレイな部分を切り取るように撮影。
三脚をしっかりとセットして、ハイレゾショット撮影しました。
f0376976_15125805.jpg

少し、撮影ポイントを移動してみました。

鏡池
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
焦点距離 70mm
望遠レンズで、紅葉がキレイな部分を切り取るように撮影。
三脚をしっかりとセットして、ハイレゾショット撮影しました。
f0376976_15231354.jpg

鏡池
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
焦点距離  97mm
上の写真と同じ場所から、縦構図で撮影。
三脚をしっかりとセットして、ハイレゾショット撮影しました。
f0376976_15270721.jpg

鏡池
SONY α7Ⅱ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

フルサイズ機でも撮影してみました。
f0376976_15312731.jpg

結局、鏡池を撤収する13時まで、霧が濃くなることはあっても、晴れることはなかったです。

帰路、ニホンザルの群れに遭遇しました。

ニホンザル
SONY α7Ⅱ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

人間に近付くわけでもなく、また、酷く警戒するわけでもなく、毛繕いを始めました。
他の個体は、これからやって来る冬に向けて、食糧を食べていました。
f0376976_15331707.jpg

最後まで、晴れることはなく、気温は終始12℃前後で寒かったです。



赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「PHOTOHITO」の紅葉の写真一覧は、コチラ

「PHOTOHITO」のキノコの写真一覧は、コチラ

「PHOTOHITO」のニホンザルの写真一覧は、コチラ

by ba-mf08 | 2017-10-15 16:18 | 風景 | Comments(0)

2017/9/22(金)の通勤スナップ

一週間、真面目に通勤時にカメラを持ち出した時に限って、出会わないもんです・・・
前回、カメラを持ち出さなかった時の出会いはコチラ

一週間、何も撮影できなかったので、会社の屋上からスナップ撮影。

会社の屋上から・・・
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS

f0376976_23511188.jpg
通勤時は、雲の隙間から光芒が見えたのですが、撮影時は、すっかり光芒が弱くなってしまいました・・・

左下に、小さくスカイツリーが写ってました。



赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「PHOTOHITO」の空の写真一覧は、コチラ

by ba-mf08 | 2017-09-23 00:04 | 風景 | Comments(0)

2017/8/21(月)の通勤スナップ

朝の通勤スナップ
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 28mm F2
SONY ウルトラワイドコンバーター
(35mm換算21mm)

開放絞りでの広角マクロ撮影。
広角レンズといえど、ピント合わせは非常にシビアです。
超広角レンズでありながら、広角特有の四隅が引っ張られるような描写がないのが気に入ってます。
f0376976_20505238.jpg


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

by ba-mf08 | 2017-08-21 22:19 | 風景 | Comments(0)

梅雨なのに・・・

近くの公園を、朝の散歩で訪問しました。

この風景・・・、雨が降ってる時は緑がもっと濃くなって、お気に入りなんですが・・・

雨・・・、降りませんねぇ・・・

深緑
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS

f0376976_14401419.jpg


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「PHOTOHITO」の池の写真一覧は、コチラ


by ba-mf08 | 2017-06-18 14:46 | 風景 | Comments(0)

2016/12/31(土)のフィールドワーク

2016年最後のフィールドワークは、自宅近くのトンボのフィールドでお散歩スナップしました。
昨年の大晦日の日も、同じ場所でお散歩スナップをしました。
その時は、まだ残っていたセミの抜け殻を、なんだかたくさん撮影しました。

昨年撮影分のセミの抜け殻
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14
開放絞りで、STEP1で8枚フォーカスブラケットした写真を、Adobe Lightroom CCでRAW現像し、Adobe Photoshop CCで深度合成しました。

せっかくなので、今年もセミの抜け殻を物色しました。
また今回は、多灯ストロボ(2灯)撮影の練習も兼ねてます。

セミの抜け殻
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8
標準ズームレンズの望遠側で撮影。
丸ボケを狙いました。
ストロボ位置は、下側と右側。

セミの抜け殻
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8
標準ズームレンズの望遠側で撮影。
真横から狙いました。
ストロボ位置は、下側と右側。

セミの抜け殻
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8
標準ズームレンズの広角側の焦点距離を使用し、ほぼ最短距離(撮像素子面から約20cm)で撮影。
地面に対して、ほぼ平行のカメラ位置で、奥行き感が出るように撮影。
ストロボ位置は、下側と左側。

セミの抜け殻
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8
標準ズームレンズの広角側で撮影。
少し見上げた構図にしました。
ストロボ位置は、下側と左側。

セミの抜け殻
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
OLYMPUS マクロフラッシュ STF-8
標準ズームレンズの広角側で撮影。
縦構図で、少し見上げた構図にしました。
ストロボ位置は、下側と左側。

最後に・・・
落ち葉
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
標準ズームレンズの広角側で撮影。


PHOTOHITO」や「facebook」からお越し頂き、私の拙い写真・ブログを、いつも閲覧して頂き、ありがとうございます(^^)
2017年も精進しますので、よろしくお願いします。


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。



by ba-mf08 | 2016-12-31 19:38 | 風景 | Comments(0)

ココロが折れると・・・

この時期、成虫越冬種のトンボがなかなか見つからないと、ココロが折れていつの間にかいろんなものを撮っています。
過去にも同じようなものを撮っていて、少しまとまったので作例紹介。


ツチイナゴ①
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

ツチイナゴ②
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

卵で越冬することが多いバッタ類ですが、ツチイナゴは成虫越冬種で、周りの環境に紛れるため体色は褐色です。
幼虫は緑色ですが、稀に褐色型もいるそうです。


雪①
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

雪②
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

雪景色は、なかなか「物」にできませぬ・・・


霜①
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

霜②
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

霜③
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

霜④
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

霜⑤
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS
M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PRO

霜は朝早くが勝負なので、起きれさえずればチャンスは増えます。


落ち葉①
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 1.4x Teleconverter MC-14

落ち葉②
OLYMPUS OM-D E-M1
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0
OLYMPUS マクロコンバーター MCON-P02

落ち葉③
OLYMPUS OM-D E-M1
SIGMA APO MACRO 180mm F2.8 EX DG OS HSM

落ち葉も、目を向けると、なかなか奥深いです。


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。










by ba-mf08 | 2016-12-19 21:55 | 風景 | Comments(0)

2016/12/12(月)の通勤スナップ

冬になると、撮影対象のトンボが減ってしまい、成虫越冬種のトンボでさえ、なかなか見つかりません。
さすがに平日は、トンボ探しができないので、通勤時にスナップ撮影してみました。

写真①
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
逆光で、ゴーストをわざと出すようにして、撮ってみました。

写真②
写真③
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
モノクロ現像で、ノイズを誇張して、フィルムっぽくしてみました。

お目当てのトンボである「ホソミイトトンボ」がなかなか見つからないと、ついつい、こういう写真を撮ってしまいます。


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


by ba-mf08 | 2016-12-15 22:14 | 風景 | Comments(0)

2016/12/3(土)のフィールドワーク

自宅近くのトンボのフィールドの紅葉の様子を、午前中にまた見てきました。
今回は、天気が良かったので三脚は持参せず、機材はフルサイズ機を持参しました。
フルサイズ機を持ち出したのは・・・特に理由はなく、ナントナクです(汗)
先週と比べて、かなり色付きが進みましたが、まだまだ、緑色も目立ちます。

写真①
SONY α7Ⅱ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS
背景は紅葉していますが、まだ緑色もあります。

写真②
SONY α7Ⅱ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS

写真③
SONY α7Ⅱ
SONY FE 50mm F1.8

写真②と写真③は、同じ位置からレンズを変えて撮影してみました。

写真④ 写真⑤ 写真⑥
SONY α7Ⅱ
SONY FE 50mm F1.8
写真⑥は、赤・緑・黄と3色揃いました(^^)

写真⑦
SONY α7Ⅱ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS
ツツジなんだか、サツキなんだか、一輪だけ、咲いちゃってました。

写真⑧
SONY α7Ⅱ
SONY FE 90mm F2.8 Macro G OSS
帰り道に、自宅近くの団地で撮影。


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
by ba-mf08 | 2016-12-03 18:30 | 風景 | Comments(0)

2016/11/27(日)のフィールドワーク

天気予報では雨でしたが、なぜか陽射しがあったので、昼過ぎから自宅近くのトンボのフィールドに行ってきました。
目的はトンボではなくて、身近な紅葉撮影です。

写真① 写真②
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

知らないうちに、平野部でも色付いていました。

普段、使用しているOLYMPUS OM-D E-M5 Mark IIには、昆虫撮影に役立つ機能の「フォーカスブラケット」、風景撮影に役立つ機能の「ハイレゾショット」があります。
「ハイレゾショット」は、使用した事が無かったので、今回の紅葉撮影で試してみました。
「フォーカスブラケット」は、意外と手持ち撮影でも、うまくいく事もありますが、
「ハイレゾショット」は、手持ち撮影は無理との評判を聞いたので、三脚とケーブルレリーズを使用しました。

写真③
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
コチラは、通常撮影。

写真③(ハイレゾショット)
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
コチラは、ハイレゾショット撮影。

PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
拡大表示すると、葉や屋根の解像感が違う気がします。

写真④
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
コチラは、通常撮影。

写真④(深度合成)
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
コチラは、深度合成撮影。
実は、ハイレゾショット撮影もしたのですが、奥行き感がある被写体にはあまり期待した効果が望めませんでした。
こういう状況では、深度合成撮影の方が向いているようです。


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。


by ba-mf08 | 2016-11-27 19:58 | 風景 | Comments(0)