2017年 10月 02日 ( 1 )

2017/10/1(日)のフィールドワーク①

今回は、定期観察している2箇所のフィールドに行ってきました。


1箇所目のフィールド
現地の滞在時間:7:30~10:30
到着時の気温:18℃(気象庁発表)
撤収時の気温:23℃(気象庁発表)
天候:晴
探索対象:ホソミイトトンボ・アジアイトトンボ

定期観察しているフィールドのひとつで、前回の訪問は9/24①9/24②

前回の探索を参考に、今回の「ホソミイトトンボ」「アジアイトトンボ」と、その他の状況
★「ホソミイトトンボ越冬型」は、前回探索時と同じく、植物の密生度が高いところで観察できた。
★体色が少し青くなった「ホソミイトトンボ越冬型」は、前回探索時よりも増えていない。
 ⇒羽化した「越冬型」が少し青くなる期間は、9月中旬~10月上旬の期間限定。
  例年、気温が低下し枯れ枝が目立つ頃になると、再び体色が茶褐色に変化していく。
★「アジアイトトンボ」は、個体数が減ってきた。
 ⇒第3世代と思われる、未熟個体のメスが、まだ観察できた。

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
抜けた背景のところに静止してくれ、気に入った写真になりました。
f0376976_21565997.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
f0376976_22000839.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♂
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
ピント面を捉えきれず、尾部先端部のピントが甘いです。
f0376976_22014706.jpg

ホソミイトトンボ越冬型♀
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
茶褐色の個体ばかりでしたが、ようやく体色が少し青くなった個体に出会いました。
ところが、この個体は、翅の一部が傷んでいました。
飛翔は問題なく、エサの昆虫を捕食していました。
翌年まで無事に生き延びて欲しいです。
f0376976_22030701.jpg

アジアイトトンボ♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
ピント面を捉えきれず、尾部先端部のピントが甘いです。
抜けた背景のところに静止してくれ、雰囲気は気に入ってます。
f0376976_22205477.jpg

アジアイトトンボ未熟個体♀
OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO
左側の草が密生してゴチャゴチャしていたので、手前の草を前ボケにしました。
f0376976_22211272.jpg

アジアイトトンボ未熟個体♀
SONY α7Ⅱ
SONY
FE 100mm F2.8 STF GM OSS
上の写真と同じ個体。
やや抜けた右側の背景を、広めに配置しました。
f0376976_22282478.jpg


2017/10/1(日)のフィールドワーク②へ続く



「お知らせ」
(直接、当ブログを閲覧して下さってる方、「PHOTOHITO」から来て下さってる方は、関係無いです。)
今まで、facebookにも当ブログの更新のお知らせを致しておりました。
10月より、facebookを休止致します。(Messengerは、残しております。)
ひとつ目の理由として、私のコミュニケーション不足によるものですが、「友達」とのやりとりが少ない事。
ふたつ目の理由として、不正アクセスされているのか、訪問したことのない地名からログインの記録がある事。

今後も、ブログは撮影記・観察記として、「PHOTOHITO」は写真のクオリティ重視として、 運用しています。
扱い難い人間ではありますが、今後とも、よろしくお願いします。



赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「ホソミイトトンボ」の発生状況・形態の投稿内容は、コチラ
「ホソミイトトンボ」の交尾・産卵の投稿内容は、コチラ
「PHOTOHITO」のホソミイトトンボの写真一覧は、コチラ

「PHOTOHITO」のアジアイトトンボの写真一覧は、コチラ


by ba-mf08 | 2017-10-02 23:26 | トンボ | Comments(0)