2017年 08月 15日 ( 1 )

2017/8/14(月)のフィールドワーク

現地の滞在時間:7:00~9:30
到着時の気温:22℃(気象庁発表)
撤収時の気温:23℃(気象庁発表)
天候:雨
探索対象:キイトトンボ・アジアイトトンボ・アオイトトンボ

定期観察しているフィールドのひとつで、前回の訪問は8/12

前回の探索を参考に、今回の「キイトトンボ」「アジアイトトンボ」「アオイトトンボ」と、その他の状況
★一昨日の8/12に訪問したばかりなので、前回探索時と、状況の変化がほとんど無し。
★「アオイトトンボ」を探索したが、見つからなかった。
 ⇒本種は、5月下旬頃に羽化し、その後の非繁殖期間は、森の林床で過ごす。
  これまで、非繁殖期間の本種を、林床を中心に探索したが、見つからず。
  繁殖期が近くなり、朝晩の気温が少し下がって来たので、そろそろ水辺に戻って来る頃。
  しかし、当地では環境が合いにくいのか、発生する年と発生しない年がある。
  昨年は観察できたので、今年も発生して欲しい。

スポットライト
SONY α7Ⅱ
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
暗い林床で、一部、空が抜けたところから、光が漏れ注いでいました。
土砂降りの雨により、葉の表面は水で潤っていました。


f0376976_15355291.jpg

キイトトンボ♀
SONY α7Ⅱ
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
成熟個体になると、翅胸部は緑色になります。
メスは、腹部が黄色のタイプと、緑色のタイプの2種類の個体がいます。
この個体は、黄色が濃いタイプ。
「アカハネナガウンカ」を捕えて食べていました。
f0376976_20044127.jpg

キイトトンボ♀
SONY α7Ⅱ
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
成熟個体になると、翅胸部は緑色になります。
メスは、腹部が黄色のタイプと、緑色のタイプの2種類の個体がいます。
この個体は、黄色が濃いタイプ。
f0376976_20070120.jpg

キイトトンボ♂
SONY α7Ⅱ
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
成熟個体になると、翅胸部は緑色になり、腹部先端付近の背面側に黒条が出ます。
抜けた背景のところに静止してくれました。
葉の裏には、「蛾」が隠れていました。
f0376976_20103611.jpg

キイトトンボ♂
SONY α7Ⅱ
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
成熟個体になると、翅胸部は緑色になり、腹部先端付近の背面側に黒条が出ます。
抜けた背景のところに静止してくれました。
頭部に、大きな雨粒が乗っています。
f0376976_20151202.jpg

キイトトンボ♂
SONY α7Ⅱ
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
成熟個体になると、翅胸部は緑色になり、腹部先端付近の背面側に黒条が出ます。
背景に雨が写り込んでくれました。
f0376976_20165611.jpg

キイトトンボ♂
SONY α7Ⅱ
Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 65mm F2 Aspherical
成熟個体になると、翅胸部は緑色になり、腹部先端付近の背面側に黒条が出ます。
背景に雨が写り込んでくれました。
f0376976_20171692.jpg


スナップ撮影用に、SONY 50mm/f1.8を所有していました。
しかし、解像度など不満点が多く、手放したいと思っていました。
そんな折に、8/10にVoigtlander 65mm/f2.0マクロが発売されました。
焦点距離も近いし、開放F値も近く、さらにマクロレンズなので寄れます。
SONY 50mm/f1.8を下取りにして、Voigtlander 65mm/f2.0マクロを、買いました。

今回、試写も兼ねてVoigtlander 65mm/f2.0マクロのみで撮影しました。
全て開放絞りで撮影したが、素晴らしい解像度。
結局、何も工夫が無いまま、いつものような写真になってしまいました(汗)
いつもより、さらに寄らないと撮れませんが、レンズ前の草被りが最小限になります。
フルサイズ機・開放絞りでのマクロ撮影は、ピント面が薄々。
SONY 100mmSTFに、Voigtlander 65mm/f2.0マクロ、うまく撮影できた時は、嬉しさ倍増です。



赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。
(スマートフォンでは、本来の解像度が出力されないようなので、PCでの閲覧を推奨します。)

「PHOTOHITO」のキイトトンボの写真一覧は、コチラ

「PHOTOHITO」のアオイトトンボの写真一覧は、コチラ

by ba-mf08 | 2017-08-15 20:27 | トンボ | Comments(0)