レンズ検証(OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO)

気になっているレンズがあり、カメラ売り場で試写しました。
被写体は、メイン被写体のトンボの大きさに近い約5cm(頭から尻尾までの長さ)。

作例比較①
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO
開放絞りで、最短距離で撮影。

作例比較②
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO
少し引いた構図で撮影。

スペックでは、最大撮影倍率は0.11倍。
ほぼ同じ最大撮影倍率0.1倍の「OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 75mm F1.8」では、ココまで大きく写りません。
同じような事が、「OLYMPUSM.ZUIKO DIGITAL ED 12mm F2.0」と、
「OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO」の焦点距離12mmでも同様です。
「M.ZUIKO PRO」シリーズは、公表スペックより、もう少し寄れる寄れる仕様みたいです。

トンボを生息環境と一緒に写し込むのに、広角レンズが適材だと思います。
背景が写り過ぎて生息地が知れてしまう可能性があるので、好んで使用していません。
「OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」だと、自分には合うかな、と・・・

妄想は続きます・・・


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
「PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。




by ba-mf08 | 2017-03-12 16:04 | 作例比較 | Comments(0)
<< 広角マクロ撮影の取り組み 2017/3/11(土)のフィ... >>