ホソミイトトンボ 交尾・産卵

「ホソミイトトンボ」は、年間を通して観察しているトンボです。
(定期的に投稿内容を更新します。)
(発生状況・形態の違いは、コチラ

産卵の特徴
★水面付近の植物組織内にする事が多い。
★連結産卵の事が多く、その際はオスは直立する。
★稀に潜水産卵を行う。
★稀にメスの単独産卵を行う。

越冬型・交尾態
OLYMPUS OM-D E-M1
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
OLYMPUS エレクトロニックフラッシュ FL-600R
望遠マクロレンズで撮影していましたが、寄っても逃げられそうにない個体だったので、50mm単焦点レンズに付け替えて撮影。
望遠レンズより被写界深度が深いので、寄ることさえできれば、ピント合わせは楽です。

夏型・交尾態
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS エレクトロニックフラッシュ FL-600R
稲の間を縫うように飛び回り、ゴチャゴチャしたところに静止することが多いですが、超望遠レンズで背景が上手くボカせました。

越冬型・連結産卵
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
超望遠レンズは重さがネックで、水面ギリギリから狙うにはツライものがありました。

夏型・連結産卵
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS エレクトロニックフラッシュ FL-600R
良い撮影ポジションが取れず、メスの頭部・胸部にピントが来てません。
産卵環境が分かるので、良しとします。

夏型・単独産卵①
夏型・単独産卵②
夏型・単独産卵③
夏型・単独潜水産卵
OLYMPUS OM-D E-M5 Mark II
OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO
OLYMPUS エレクトロニックフラッシュ FL-600R
連続撮影ができました。
単独産卵が見れただけでも貴重なのに、潜水産卵までしてくれました。


赤字には、主にオリジナルサイズの写真が閲覧できる「PHOTOHITO」のURLを埋め込んでいます。
http://photohito.com/user/13643/
PHOTOHITO」のページで写真を表示した後、さらに写真をクリックするとオリジナルサイズになります。
オリジナルサイズは、さらに拡大表示できますので、解像感の参考にして下さい。



by ba-mf08 | 2017-01-24 20:13 | トンボ | Comments(0)
<< モートンイトトンボ ホソミイトトンボ 発生状況・形態 >>